スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手抜きなもの

2009.06.25.Thu.08:49
スペインでは、食べ物が基本的に美味しいのですが、加工食品にも結構まともなものが多いような気がします。たまたまハズレがなかっただけかしら。

tenuki1

[後左]
インスタントのフィデウア Fideuà
フィデウアはパエリャのパスタ版。お米の代わりに細いパスタを入れる料理ですが、カタルーニャ地方でよく食されます。日本でいうとラーメンみたいな作り方なのですが、鍋にお湯を沸かして、これを入れて煮込むだけで出来上がりというインスタント食品。

[後右]
ポテトのブラバスソース Patatas bravas の冷凍食品
ポテトのブラバスソースは、こちらではよく食べられるタパス皿ですが、揚げたポテトにピリ辛ソースをかけて食べるという料理です。これは冷凍食品なのですが、電子レンジでチンするだけで、ポテトもカラリとしていてべたつき感がまったくありません。家で揚げモノができないので、重宝な一品です。

[中央]
HORNIMANS のハーブティ
こちらの人は、食後にハーブティ、特にミントティーをよく飲みますね。HORNIMANS のハーブティって日本にもあるようなのですが、この種類はないと思います。聞いたことのないハーブの種類がはいっています (笑)。下の緑の箱は、緑茶+ミントというハーブティ。こちらでは緑茶 te verde も大人気。でも日本の緑茶とはちょっと違うの。

[前中央]
イカの墨煮缶 Caramares en su tinta
お酒のツマミとか、カナッペにぴったりという代物。魚介類の缶詰は、オイルサーディンはもちろん、タコのオリーブ漬やムール貝のオリーブ漬などもかなりいけます。

[右端]
フルーツ牛乳 Zumo + leche
日本でいうとフルーツ牛乳とか、カルピスみたいなものです。



さらに手抜きといえば、お惣菜 Platos preparados ですね。ウチの近所にもあるんですよ、お惣菜屋さんが。こちらへ来たばかりの頃はよくお世話になりました。

お気に入り三品!!

platos preparatos

クロケッタ Croqueta  (スペイン風コロッケ) 
ピスト Pisto  (スペイン風ラタトゥーユ)
赤ピーマンのマリネ Pimiento en vinagre  




スポンサーサイト

知らなかった...

2009.06.17.Wed.22:27
大したことではありませんが、Chupa Chups がスペイン バルセロナ産のものだとは知りませんでした。つい最近、バルセロナの人から教えてもらって・・・

この棒アメ、なぜかアメリカ産だと思いこんでいました。チュッパチャプスって思い切り英語読みだし、スペイン語読みではチュパチュプス。

しかも、Chupa Chups のヒラヒラ花模様のロゴの原型は、サルバドール・ダリによるデザインだとか。なんとアートな棒アメなんでしょう (笑)。

記念に一袋。思わずロゴをじっくり見てみたり・・・なんだか懐かしい感じがします。

chupa


個人的イチオシ Vino Blanco

2009.06.15.Mon.22:26
ビール ネタの次はワイン ネタで・・・というほど研究していませんが、何しろスペイン ワインは美味しい!

まぁ、何を飲んでも美味しいというか、ワタシの舌が鈍感なのか、ともあれ、どこで飲んでも、どこで買ってもこれまで、スペイン ワインで赤も白もハズレた事がありません。特にハズレもないので、あまり研究もしない・・・という訳なのです。

特に高級なワインを飲んでいるわけではありません。自宅で飲む赤ワインだと、スーパーで 5~6 ユーロ出せばリオハ Rioja の クリアンサ Crianza (熟成期間が約 2 年) が手に入り、これで十分です。こういうお手ごろ価格なワインばかり飲んでいて、たまに Reserva (最低 3 年以上熟成) を飲むと、 「濃い~ぃ」 という感じがします (笑)。

スペインの赤ワインは、土臭いと言われるそうですが、確かに日本で飲んだ時に土臭く感じたことがありましたが、なぜかマドリードで飲むとあまりそういう感じはしません。気候とか料理によるのではないかなと思ったりします。

最近は、赤ワインよりも、どちらかというと白ワインに目が・・・。なぜかというと、こちらでは何と言ってもシーフード料理が美味しいので、やはり白ワインを選んでしまうのです。先にちょこっと書きましたが、セミハード タイプのチーズにも白ワインが合います。あと季節感もあるかな。初夏なのでなんとなく冷んやりした白ワインが飲みたくなります。冬だったらもっと赤ワインに目が行くかもしれません。

そして、今とても気に入っているのが、リアス・バイシャス Rias Baixas の白ワイン。ぶどうの品種はアルバリーニョ Albariño と呼ばれているもの。比較的新しい品種だそうです。リアス・バイシャスは、スペイン北東部ガリシア地方のワインの産地。ガリシア地方と言えば、ともかくシーフード!このシーフードに何よりも合うワインなのです。Valdamor や Martín Códax などの銘柄はイチオシです。

Valdamor は、地元の方に勧められた銘柄です。↓写真のワインは、熟成が若いテーブルワイン用の Valdamor なのでお手ごろ価格ものです。もう 1 つ上のランクのものをレストランで飲んだことがあるのですが、さらにキリリと美味しかったです。

rias

Cerveza

2009.06.13.Sat.15:51
夏はやっぱりビール cerveza ですかね。日中暑いので、ちょっと散歩したら、すぐにビールが飲みたくなってしまいます。それに、水より安いかも・・・

スペインは、てっきりワイン派なのだと思いきや、ビール派でもあります。セルベッセリア cervezeria というビール居酒屋みたいな飲み屋には、生ビールもあります。生ビールは、カーニャ caña と言いますが、日本同様、注ぎ方にこだわりがあって、泡の割合にも気を配ってくれます。こちらでは、ビールもワインもこよなく愛されていますね。

聞いた話によると、スペインでは、地方ごとにご当地ビールが多々あるそうで、国内のビールブランドは 100 以上あるとか・・・

スーパーマーケットにも、多種銘柄が並んでいるので迷ってしまいます。地方によって、並んでいるビールが違うようです。ウチの近所のごく普通のスーパーに並んでいる銘柄で、飲んだことのあるのはこれぐらいかしら。1 つの銘柄でもいろいろな種類があります。


cervaza2

マドリードで人気があるのが、Mahou かな。マドリード ブランドですし、ワタシもこれを愛飲しています。スペイン語ではマホウではなく、「マオウ」 と呼びます。ついつい 「魔王」 の字が浮かんできます (笑)。

San Miguel Selecta は、バルセロナのビール。これは、ちょっと面白くて、黒ビールと普通のビールを混ぜたような濃い琥珀色でした。

Estrella Damm もバルセロナのビール。後味が爽快です。


cervaza1

Alhambra は、その名の通りグラナダのビール。金色の缶のビールは、きれいな黄金色でとてもコクがありました。黒色の缶のビールは、黒ビール。こちらの黒ビールはこれしか飲んだことがありませんが、なんとなくアンダルシアの香りがします。・・・って、まだそちらには行ったことないのだけど・・・(笑)。

Cruzcampo セビーリャのビール
えーーっと、味忘れました (汗;;;)。



Queso

2009.06.06.Sat.23:25

セミハード チーズ好きにははずせない、スペイン チーズの代表格 マンチェゴ Manchego はワタシの大好物です。マンチェゴは羊乳から作られます。

左 マンチェゴ・クラド Manchego Curado 熟成期間: 3~13 週間 
右 マンチェゴ・ビエホ Manchego Viejo  熟成期間: 3 ヶ月以上 
queso

と言っても、写真だと見かけはあまり変わらないので、分かりづらいですね。ビエホの方が、やや穴が多いかな。味も違います。ビエホの方がクセがあります。

お値段は、14~16 ユーロ/㎏ ぐらい出すと、なかなか良いものがいただけます。通常は、1/4 kg (250g) ぐらいにカットしてもらいます。

ところで、「チーズには赤ワイン」 というのは誰の入れ知恵だったのかしら (笑)。ワタシもずっとチーズとワインは相性が良いものだと常識のように思っていたのですが・・・

個人的には、このチーズには白ワインをお勧めします。

スイスでは、チーズ全般に白ワインでしたね。白ワインには、チーズの消化を促すという作用があるからだと、スイス人は言ってましたけど、たまたまそういう組み合わせだったのかもしれませんが・・・。アルザス地方でも、ブルーチーズに合うのは、甘めのフルーティな白ワインだと言っていました。

もちろんチーズの種類にもよるし、好みにもよると思うのですが、チーズには赤ワインじゃなきゃいけないって訳ではないということですね。

あっ、でも白ワインでなくても、ビールでもいいんですよ、もちろん。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。