スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

究極の選択... 『我らが愛にゆれる時』

2012.03.21.Wed.22:15
『我らが愛にゆれる時』
DVD

原題: In Love We Trust / 左右
製作年: 2008 年
製作国: 中国
監督: ワン・シャオシュアイ
出演: リュウ・ウェイウェイ、チャン・ジャーイー、チェン・タイシェン、ユー・ナン

love we trust_poster

[あらすじ]  (参照: Movie Walker)
メイ・チュー (リュウ・ウェイウェイ) は、娘のハーハー (チャン・チューチアン) が白血病を患い余命数年であることを知らされる。娘を救うには骨髄移植しかない。彼女は前夫のシアオ・ルー (チャン・ジャーイー) に連絡を取り、移植の適合検査を受けるが二人とも一致しなかった。同じ両親から生まれた子供であれば、骨髄の適合確率が高いことから、焦ったメイ・チューはドナーとなるべき子供を人工授精でもうけようと、シアオ・ルーに相談する。二人とも離婚後はそれぞれ新しい家庭を持っているが、娘の命を救う手段は他にない。産児制限のある中国では、メイ・チューが第二子を産むと、メイ・チューの夫ラオ・シエ (チェン・タイシェン) は自分の子供を持つことができない。シアオ・ルーの妻トン・ファン (ユー・ナン) も夫と前妻との人工授精には猛反発。結局、ハーハーの命を救うためラオ・シエもトン・ファンも提案を受け入れる。しかし、人工授精は失敗。メイ・チューとシアオ・ルーは最後の手段として、秘密裡に直接性交渉で子供を作ろうとする。

2008 年 ベルリン国際映画祭 銀熊賞(脚本賞)

続きを読む "究極の選択... 『我らが愛にゆれる時』"
スポンサーサイト

[12th FILMeX] 『奪命金』

2011.11.29.Tue.23:30
第 12 回 東京 FILMeX 特別招待作品 クロージング
『奪命金』

原題: Life Without Principle
製作年: 2011 年
製作国: 香港
監督: ジョニー・トー
出演: ラウ・チンワン、リッチー・レン、デニス・ホー、マイオリー・ウー、ロウ・ホイパン

life_without_principle_poster

[あらすじ] (引用: 東京 FILMeX 公式サイト)
銀行員のテレサ (デニス・ホー) は、上司からリスクの高い金融商品を売ることを命じられ、日夜セールスに従事している。黒社会の雑務を引き受けているチンピラのパンサー (ラウ・チンワン) は、破産しかかった友人から助けを求められ、ある計画を立てる。刑事のチョン (リッチー・レン) は、妻や父親から家庭の問題を持ち込まれ、対応に苦慮している。ある日、テレサの顧客である金貸しが銀行から大金を引き出した直後に駐車場で暴漢に襲われ、金を奪われてしまう。この事件をきっかけに 3 人の運命は絡み合い、事態は突如巻き起こった金融危機の中で思わぬ方向に展開する。 

2011 年 ヴェネチア映画祭 コンペティション部門


続きを読む "[12th FILMeX] 『奪命金』"

[12th FILMeX] 『独り者の山』

2011.11.29.Tue.19:53
第 12 回 東京 FILMeX コンペティション
『独り者の山』

原題: 光棍
製作年: 2011 年
製作国: 中国
監督: ユー・グァンイー (YU Guangyi)

bachelor moutain
(Source: 東京FILMeX)


続きを読む "[12th FILMeX] 『独り者の山』"

[24th TIFF] 「香港四重奏+香港四重奏 II」

2011.11.06.Sun.22:53
第 24 回 東京国際映画祭 アジアの風
「香港四重奏+香港四重奏 II」

製作年: 2010、2011 年
製作国: 香港

hkquartet

『香港四重奏』
「もち米炒飯」 Fried Glutinous Rice (生炒糯米飯)
 監督:ハーマン・ヤオ
「レッドアース」 Red Earth (赤地)
 監督:クララ・ロー
「恋は偏屈」 We Might as Well be Strangers (偏偏)
 監督:ヘイワード・マック
「黄色いサンダル」 The Yellow Slipper (黄色拖鞋)
 監督:フルーツ・チャン

『香港四重奏 Ⅱ』
「パープル」 Purple (紫)
 監督:ブリランテ・メンドーサ
「機密洩れ」 Open Verdict (天機洩)
 監督:ホー・ユーハン
「Mホテル」 M Hotel (M酒店)
 監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン
「上河図(じょうがず)」 13 Minutes in the Lives of...(上河圖)
 監督:スタンリー・クワン

続きを読む "[24th TIFF] 「香港四重奏+香港四重奏 II」"

[16th BIFF] 「僕は 11 歳 / 11 Flowers」

2011.10.20.Thu.00:10
16th Busan International Film Festival
A Window on Asian Cinema
「僕は 11 歳 / 11 Flowers」

原題: 我十一
製作年: 2011 年
製作国: 中国=フランス
監督: ワン・ シャオシュアイ
出演: リウ・ウェンチン、ワン・ジンチュン、イェン・ニー、チャン・コーユアン、チュン・クオ・リウシン、ロウ・イーハオ

11Flowers_1

[あらすじ]
舞台は中国南西部の地方都市。1975 年、毛沢東が死去する前年の話。11 歳の少年ワン・ハンは、両親と妹の 4 人暮らし。子供が学校へ行っている間、大人は工場で働くという日々。ワン・ハンは学校で体操のリーダーに選ばれ、先生からリーダーらしく白いシャツを着てくるようにと言われる。母に頼んで縫ってもらった白いシャツを着て、はりきって体操をするワン・ハン。ある日、友人たちと川遊びをしていたが途中で喧嘩となり一人ぼっちになる。そこへ、傷を負った青年が突然現れ、ワン・ハンの大事な白いシャツを取って逃げてしまう。

続きを読む "[16th BIFF] 「僕は 11 歳 / 11 Flowers」"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。