スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エキセントリックな愛憎劇... 『私が、生きる肌』

2012.09.14.Fri.23:38
『私が、生きる肌』

原題: La Piel Que Habito
製作年: 2011 年
製作国: スペイン
監督: ペドロ・アルモドバル
出演: アントニオ・バンデラス、エレナ・アナヤ、マリサ・パレデス、ヤン・コルネット、ロベルト・アラモ

La Piel Que Habito

[あらすじ] (引用: Movie Walker
謎めいた雰囲気を漂わせる女性ベラ(エレナ・アナヤ)は、全裸と見まがうしなやかな肢体に肌色のボディ・ストッキングをまとい、ヨガの瞑想に耽っている。彼女は画期的な人工皮膚の開発に没頭する天才形成外科医ロベル(アントニオ・バンデラス)によって幽閉されていた。ロベルが夢見るのは、かつて非業の死を遂げた最愛の妻を救えるはずだった“完璧な肌”の創造。あらゆる良心の呵責を失ったロベルはベラを実験台に、開発中の人工皮膚を移植し、今は亡き妻そっくりの美女を創り上げてゆく。そして、ベラは一体何者で、どのような宿命のもとでロベルと巡り合ったのか。


続きを読む "エキセントリックな愛憎劇... 『私が、生きる肌』"
スポンサーサイト

[LBFF2011] 「マルティナの住む街」

2011.10.01.Sat.23:47
第 8 回 ラテンビート映画祭
「マルティナの住む街」

原題: Primos (いとこたち)
製作年: 2011 年
製作国: スペイン
監督: ダニエル・サンチェス・アレバロ
出演: キム・グティエレス、ラウル・アレバロ、インマ・クエスタ

primos

[あらすじ] (引用: LBFF 公式サイト
結婚式当日、花嫁に逃げられたディエゴは、いとこのフリアン、ミゲルとともに、青春時代に素敵な夏の思い出を作った懐かしの村を訪れる。失恋のショックを振り払うかのように、羽目をはずして遊びまわるディエゴは、10年前の彼女マルティナと再会し、急接近。繊細な心の持ち主ミゲルは、マルティナの幼い息子と意気投合する。
一方、仕切り屋のフリアンは、旧友バチが、酒に溺れ落ちぶれている姿に心を痛め、彼の再起に一役買うことにする。大人になりきれない男たちのかけがえのない夏休みはどうなるのか。



続きを読む "[LBFF2011] 「マルティナの住む街」"

悪夢と幻想の果てに... 「ゴヤ」

2011.09.26.Mon.23:45
「ゴヤ」
Cinefil Imagica

原題: Goya en Burdeos
製作年: 1999 年
製作国: イタリア=スペイン
監督: カルロス・サウラ
出演: フランシスコ・ラバル、マリベル・ヴェルドゥ、エウラリア・ラモン、ダフネ・フェルナンデス

goyaenburdeos

[あらすじ] (引用: シネフィルイマジカ
1800 年初期、フランスのボルドーで生涯最後の恋人レオカディアと一人娘のロサリートの介護を受けながら隠居生活を送っていた画家ゴヤ。悪夢と幻想に悩まされていたゴヤは、恋人と娘に自身の波乱に満ちた人生を語り始める。宮廷画家として陰謀渦巻く貴族社会を生き抜いた日々、情熱的な恋...



続きを読む "悪夢と幻想の果てに... 「ゴヤ」"

縦糸と横糸で... 「ペーパーバード 幸せは翼にのって」

2011.09.19.Mon.01:00
「ペーパーバード 幸せは翼にのって」

原題: Pájaros de papel
製作年: 2010 年
製作国: スペイン
監督: エミリオ・アラゴン
出演: イマノル・アリアス、リュイス・オマール、ロジェ・プリンセプ、カルメン・マチ

pajaros de papel_poster

[あらすじ] (参照: 公式サイト
1930年代、スペイン・マドリード。内戦で妻と息子を失った喜劇役者ホルヘ (イマノル・アリアス) は、悲しみに暮れる。終戦後、相方のエンリケ (リュイス・オマール) と再会した彼は、戦争孤児のミゲル (ロジェ・プリンセプ) とともに3人で暮らすことになる。亡くした息子と同じ年頃のミゲルに、哀しみのあまり冷たく当たってしまうホルヘ。そんな中、軍はホルヘに反体制派の容疑をかける。監視に怯えながらも、ホルヘとエンリケは仲間たちとともに舞台に立ち、歌や踊り、笑いで観客を魅了する。

第 34 回 モントリオール世界映画祭 観客賞受賞


続きを読む "縦糸と横糸で... 「ペーパーバード 幸せは翼にのって」"

重く、哀しく、儚く... 「BIUTIFUL ビューティフル」

2011.08.13.Sat.14:29
「BIUTIFUL ビューティフル」

原題: Biutiful
製作年: 2010 年
製作国: スペイン=メキシコ
監督: アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演: ハビエル・バルデム、マリセル・アルバレス、エドゥアルド・フェルナンデス

biutiful

[あらすじ] (引用: Movie Walker
スペイン・バルセロナ。その華やかな大都市の片隅で、厳しい現実と日々対峙して生きているウスバル (ハビエル・バルデム) は、離婚した情緒不安定で薬物中毒の妻を支えながら、2 人の幼い子供たちと暮らしている。決して裕福とはいえず、生活のためにあらゆる仕事を請け負っていたウスバルは、ときには麻薬取引、中国人移民への不法労働の手配など非合法な闇の仕事も厭わない。しかし、争いごとの絶えない日々のなか、ウスバルはしばしば罪の意識を覚えていた。ある日、ウスバルは末期がんであることがわかり、余命2ヶ月を宣告される。ウスバルは家族に打ち明けることもできず、死の恐怖と闘いながらも、残された時間を家族の愛を取り戻すために生きることを決意する。

続きを読む "重く、哀しく、儚く... 「BIUTIFUL ビューティフル」"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。