スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逃げる奴、追いかける奴、ぼやく奴

2009.08.26.Wed.11:59
「ノーカントリー」

原題: No country for old men
公開年: 2007 年
製作国: アメリカ
監督: ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
出演: トミー・リー・ジョーンズ、ジョシュ・ブローリン、ハビエル・バルデム、ウディ・ハレルソン、ケリー・マクドナルド、テス・ハーパー、ギャレット・ディラハント、 バリー・コービン、スティーヴン・ルート、 ロジャー・ボイス、 ベス・グラント、アナ・リーダー

no country

[あらすじ] (参照: goo 映画
アメリカとメキシコの国境付近が舞台。荒野でハンティング中のモス (ジョシュ・ブローリン) は、偶然、放置された数々の死体を発見する。近くにはヘロインと現金も。危険に巻き込まれることを察知しながらも、大金を奪うがすぐに追われる身に。殺し屋アントン・シガー (ハビエル・バルデム) から必至に逃走しようとする。そして、この事件を担当する老保安官エド・トム・ベル (トミー・リー・ジョーンズ) もモスを追跡する。

原作はピュリッツァー賞作家コーマック・マッカーシーの小説 「血と暴力の国」。


続きを読む "逃げる奴、追いかける奴、ぼやく奴"
スポンサーサイト

純愛か、執着か...

2009.08.24.Mon.21:56
「コレラの時代の愛」

原題 : Love in the time of cholera
公開年 : 2007 年
製作国 : アメリカ
監督 : マイク・ニューウェル
出演 : ハビエル・バルデム、ジョヴァンナ・メッツォジョルノ、ベンジャミン・ブラット、 カタリーナ・サンディノ・モレノ、 ヘクター・エリゾンド

love in time of cholera

[あらすじ] (参照 : goo 映画
事故で夫を亡くしたばかりの老女フェルミナ (ジョヴァンナ・メッツォジョルノ) のもとにフロレンティーノ (ハビエル・バルデム) が現われる。フロレンティーノとフェルミナとの出会いは 50 年以上も前に遡る。フェルミナの父に引き裂かれた 2 人。フロレンティーノはフェルミナが医師フニベルと結婚した後でも、フェルミナを待ち続けた。

ノーベル文学賞作家 ガブリエル・ガルシア=マルケスの同名小説が原作。内戦とコレラの蔓延に揺れる 19 世紀末から 20 世紀初めにかけてのコロンビアのカルタヘナを舞台とする。



続きを読む "純愛か、執着か..."

見てきたジョー

2009.08.17.Mon.14:52
「G.I.ジョー」

原題: G.I.Joe: The Rise of Cobra
製作年: 2008 年
製作国: アメリカ
監督: スティーヴン・ソマーズ
出演: チャニング・テイタム、シエナ・ミラー、イ・ビョンホン、レイチェル・ニコルズ、マーロン・ウェイアンズ、デニス・クエイド、レイ・パーク

gijoe


[あらすじ] 省略.... (参照: goo 映画

週末に友人に誘われて 「G.I.ジョー」 を観てきました。

このテのハリウッド大作系作品は、かなり苦手です。ところが、ちょっと前に 「トランスフォーマー」(続編ではなくて最初の方) を観て、CG 映像の素晴らしさにビックリして感動すら覚えたですが、この 「G.I. ジョー」 も同じ製作スタッフということで観ようという気になりました (笑)。

正直な感想は... (ちょいネタばれあり)

続きを読む "見てきたジョー"

[スイス] ハイジな気分で... [ III ]

2009.08.14.Fri.07:58


■■■ 第 3 日目 ■■■

前日、山々の麓をぐるりと回ったので、この日はインターラーケンの街に近い山の上へ。

インターラーケンオスト ~ ヴィルダースヴィル ~ シーニゲプラッテ
(Interlaken Ost ~ Wilderswill ~ Schynige Platte)

シーニゲプラッテへは、ヴィルダースヴィルで乗り換えて登山鉄道でゴトゴト 50 分かかります。
schynige1

頂上に着くとユングフラウ三山とそれに連なる山々のパノラマが広がります。カメラのレンズに収まりきらないわ~。
schynige2

シーニゲプラッテでは、ハイキング用の靴も無料でレンタルしてくれるので、トコトコ周囲を歩いてみました。犬連れのハイカーも大勢います。
schynige3

この辺りの標高 (1987m) だとちょうど高山植物があちこちで美しく咲いています。高山植物を紹介した植物園もあります。
schynige4

schynige5

トコトコ歩いていると、どこからかカウベルの音が聞こえてきます。この音、何とも心癒されます。





上から見ると、インターラーケンの街は、トゥーン湖 (上) とブリエンツ湖 (下) の間に挟まれていることがよくわかります。
schynige6

schynige7



+ + + + + + + + + + + +


ベルナー・オーバーラントでの 3 日間が終わりました。よく電車に乗った!!(笑)。とにかく、ベルナー・オーバーラント一帯に、登山鉄道 (ゴンドラ・リフト含む) というインフラを敷設していること自体がスゴイです。3000m 級の山に一気に登れるだけでなく、山々の麓をぐるりと一周できるようになっているのですから。

観光ハイシーズンにもかかわらず、混んでいて乗れないということはないし、乗客が多いと臨機応変に臨時列車が用意されます。ただし、鉄道の乗車料金はまともに乗るとかなりお高いです。スイスですから (笑)。ワタシたちは、スイス国鉄の Halbtax という半額パスを持っていたので、なかなか乗りごたえがありましたが。

さてインターラーケンの街へ戻って、山々ともお別れです。


インターラーケンの街。旧市街と新市街があり、日本で言うと軽井沢みたいな街です (笑)。旧市街と新市街の間には、2 つの湖を結ぶ運河があります。
intelaken_inner2

インターラーケンウェスト駅から電車に乗り込みバーゼルへ。駅からも山が見えました。
interlaken_inner1

   ~ FIN ~

[スイス] ハイジな気分で... [ II ]

2009.08.13.Thu.23:59


■■■ 第 2 日目 ■■■

2 日目は長い一日でした。ベルナー・オーバーラントの山の麓を鉄道でぐるりと一周。
ピーカンなお天気で、素晴らしい山の景色を次々と堪能!!!


インターラーケンオスト ~ ラウターブルンネン ~ クライネシャイデック ~ ユングフラウヨッホ ~ グリンデルワルト ~ フィルスト 
(Interlaken Ost ~ Lauterbrunnen ~ Kleine Scheidegg ~ Jungfraujoch ~ Grindelwald ~ First)

ラウターブルンネン ~ クライネシャイデック

インターラーケンオストを出発して、ラウターブルンネンで電車を乗り換え。
kleine1

途中の駅で、スイス伝統芸能? ロングホルンの演奏に合わせて、スイスの国旗を上に投げてキャッチするというパフォーマンス。





クライネシャイデックに着く直前になると、ユングフラウ三山であるユングフラウ、メンヒ、そしてアイガーが並んで見えます。
kleine2

kleine3


クライネシャイデック ~ ユングフラウヨッホ

クライネシャイデックでまた乗り換え。クライネシャイデックの駅にて。後ろにアイガー。
jung1

アイガーグレッチャー近辺になると、氷河が迫ってきます。迫力あります。
jung2

ユングフラウヨッホの雪原。自分の足で登らずとも、3454m の高さまで登山電車で運んでくれるなんてステキ。高山病にならないように、車内でチョコレートをしっかり食べました。
jung3

すばらしい眺望の頂上レストランでランチを。目の前には大氷河が広がっています。年々、氷が解けているそうですが....
jung4

快晴だったので、ドイツまで見渡すことができます。ヤッホー!と叫びたい気分でしたが....空気が薄くて (笑)。気温も 7 度ぐらいだったので、フリース持参でちょうどよかったです。
jung5


ユングフラウヨッホ ~ グリンデルワルト

グリンデルワルトへはまたまた登山電車に乗り、アイガーの麓をゆっくりと降りていきます。グリンデルワルトの街の後ろには、アイガー北壁がそびえ立っています。アイガーはどこから見ても、カッコイイ山です。
grindel1


グリンデルワルト ~ フィルスト

フィルストまではリフトに乗り、また違った角度でユングフラウ三山を見ることに。
first2

よく整備されたハイキングコースがあって、1 時間ほど散策しました。ヴェッターホルンやシュレックホルンも見えます。
first1

ささ、帰らないと。リフトは 17:30 で終わってしまうので。




 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。