スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこへ続く道なのか

2009.09.29.Tue.16:43
「カミーノ」

原題: CAMINO
製作年: 2008 年
製作国: スペイン
監督: ハビエル・フェセル
出演: ネレア・カマチョ、カルメン・エリアス、マリアノ・ベナンシオ

第 6 回 ラテンビート映画祭 上映

camino


[あらすじ] (引用: LBFF 公式サイトより)
初恋に心弾ませる 11 歳の少女カミーノを襲った突然の病。オプス・デイの敬虔な信者である両親は神と医師にすがりつくが、数回に渡る手術もキリストも彼女を救えない。刻々と悪化する病状、あくまでも厳しく教えを実践し続ける母、弱音も吐かせてもらえないカミーノを見て、次第に教義に疑問を抱き始めるも何もできない父。幻想と現実、少女らしい想いと教えの間を生きたカミーノが最後に見た幸せな夢に現れるのは、果たして神なのか。




続きを読む "どこへ続く道なのか"
スポンサーサイト

憂鬱な境界線

2009.09.29.Tue.15:25
「よそ者」

原題: LOS BASTARDOS
製作年: 2008年
製作国: メキシコ / フランス / アメリカ
監督: アマ・エスカランテ
出演: ヘスス・モイセス・ロドリゲス、ルベン・ソサ、ニーナ・サヴァリン

第 6 回 ラテンビート映画祭 上映

bastardos


[あらすじ] (引用: LBFF 公式サイトより)
ロスで暮らすメキシコ人不法移民のヘススとファウストは、日雇いの仕事が舞い込むのを路上で待つだけの生活を送る。しかしその日、ヘススはいつものデイパックに銃を忍ばせていた。桁違いの稼ぎを目当てに命懸けでアメリカ国境を不正に越えるメキシコ人は後を絶たないが、圧倒的な経済力を誇る大国の生活が幸せに満ちている訳でもない。半ばアイデンティティの崩壊した移民と、物質的充足の影に孤独を抱えるアメリカ人の間に、果たして人間的な交流は成立するのか。


続きを読む "憂鬱な境界線"

不屈の精神に脱帽

2009.09.29.Tue.13:23
「クアホ、逆手のトリック」

原題: EL TRUCO DEL MANCO
製作年: 2009年
製作国: スペイン
監督: サンティアゴ・A・サンノウ
出演: エル・ランギ (ラ・エクセプシオン)、オボノ・カンデラ、アリシア・オロスコ

第 6 回 ラテンビート映画祭 上映

trucodelmanco


[あらすじ] (引用: LBFF 公式サイトより)
スペインの貧困地区。不正取引で稼ぐクアホ (エル・ランギ) は、脳性麻痺の不自由な身体を懸命に動かし、今日も友人アドルフォ (オボノ・カンデラ) を熱心に口説いていた。「ヒップホップを思う存分やれるスタジオを作ろう」。半信半疑のアドルフォを強引に引っ張り込み、店舗を確保したクアホは職人を雇って早速スタジオ作りを始めるが、改装工事の費用が思うように稼げずに焦り始める。追い詰められた二人は遂にヤバイ商売にも手を出すことになり...。


続きを読む "不屈の精神に脱帽"

美味しいモノには要注意!?

2009.09.29.Tue.10:29
「イブクロ / ある美食物語」

原題: ESTÔMAGO
製作年: 2007年
製作国: ブラジル / イタリア
監督: マルコス・ジョルジ
出演: ジョアウ・ミゲル、ファビウラ・ナシメント、バブ・サンタナ

第 6 回 ラテンビート映画祭 上映

estomago1


[あらすじ] (引用: LBFF 公式サイトより)
大都会に流れついた貧乏人のノナトは、無銭飲食の代償として小さな食堂で下働きをする羽目になる。しかし料理の仕方を習ううち天賦の才能が開花!人生は一変する。有名店に引き抜かれたノナトは、食べっぷりのいい娼婦イリアに一途な想いを募らせながら、愛に仕事にと情熱を傾けるが...その先に待っていたのはなんと監獄だった。

続きを読む "美味しいモノには要注意!?"

ポルノじゃないよ

2009.09.28.Mon.23:55
「ヌード狂時代 / S 指定」

原題: LOS AÑOS DESNUDOS / CLASIFICADA S
製作年: 2008 年
製作国: スペイン
監督: ドゥニア・アヤソ、フェリックス・サブロソ
出演: カンデラ・ペーニャ、ゴヤ・トレド、マル・フローレス

第 6 回ラテンビート映画祭 上映

desnudos1


[あらすじ] (引用: LBFF 公式サイト より)
1975 年スペイン。フランコ独裁政権の崩壊と共に、社会が民主主義へと急速に移行する中で、映画界でも大胆な性描写が解禁となり、「S 指定」 と呼ばれる低級低予算のソフトポルノが台頭する。それぞれの事情を抱え未来を探していたエバ (マル・フローレス)、サンドラ (カンデラ・ペーニャ)、リナ (ゴヤ・トレド) は時代の波に乗り、自由の旗印がごとく 「S 指定」 のスクリーンに登場するが、世間の風当たりは依然として厳しかった。やがて 「S 指定」 は忘れられ、喧嘩別れした 3 人は異なる人生を歩み始めるが...

続きを読む "ポルノじゃないよ"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。