スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[23rd TIFF] 「ホット・サマー・デイズ」

2010.10.30.Sat.14:08
第23回東京国際映画祭 アジアの風部門
「ホット・サマー・デイズ」

原題: 全城熱戀熱辣辣
製作年: 2010 年
製作国: アメリカ=香港=中国
監督: ウィン・シャ(夏永康)、トニー・チャン(陳國輝)
出演: ジャッキー・チュン、ニコラス・ツェー、レネ・リウ、ビビアン・スー、アンジェラベイビー、バービィー・スー、ダニエル・ウー

hotsummerdays

[あらすじ] (引用: TIFF 公式サイト
猛暑の夏、お抱え運転手とフット・マッサージ師が、メールを通じて恋をする。純粋な女子工員は、自分に想いを寄せてくる人に、暑い屋外に 100 日間立つことを要求する。鮨職人は、愛するグルメ評論家がずっと一緒にいてくれるよう、素晴らしい食事を用意する。盲目の写真家は、自分が侮辱した美しいモデルを探している。老人は、亡くなった妻を葬る聖堂のために、アンティークな電球を必死に探し求めている。クーラーの修理人は、ロードレースで謎めいた少女に毎晩挑戦する。そして町中が停電になり、人々は混沌に包まれる。その時、愛は輝きを放つのだろうか?


続きを読む "[23rd TIFF] 「ホット・サマー・デイズ」"
スポンサーサイト

[23rd TIFF] 「風に吹かれて ― キャメラマン李屏賓(リー・ピンビン)の肖像」

2010.10.30.Sat.12:08
第 23 回 東京国際映画祭 アジアの風 [台湾電影ルネッサンス2010~美麗新世代]
「風に吹かれて ― キャメラマン李屏賓(リー・ピンビン)の肖像」

原題: 乘著光影旅行
製作年: 2009 年
製作国: 台湾
監督: クワン・プンリョン(關本良)、チアン・シウチュン(姜秀瓊)
出演: リー・ピンビン

let_wind_carry_me_01

[あらすじ] (引用: TIFF 公式サイト
撮影で何が捉えられるのだろうか? カメラは私たちをどこに導いてくれるのか? 結局、生きることに意味はあるのか? 彼はいつも旅をしている。1 秒 24 コマ、それがリー・ピンビンのペースだ。翼の代わりに、目と心を使って旅をする。一瞬の光と色を追い求め、監督の視点や観客の内なる声を表現していく。私たちは、フレームとフレームの間で失われた断片を寄せ集め、彼が台湾映画にもたらした情熱を見出すことで、彼の足跡の揺らめきを追っていく。



続きを読む "[23rd TIFF] 「風に吹かれて ― キャメラマン李屏賓(リー・ピンビン)の肖像」"

[23rd TIFF] 「恋の紫煙」

2010.10.30.Sat.10:28
第23回東京国際映画祭 アジアの風部門
「恋の紫煙」

原題: 志明與春嬌
製作年: 2010 年
製作国: 香港
監督: パン・ホーチョン(彭浩翔)
出演: ミリアム・ヨン、ショーン・ユー

love in a puff

[あらすじ] (引用: TIFF 公式サイト
20 代のジーミンは広告会社の重役だ。大声で話す同僚たちで賑わう路地で煙草を吸い、あけすけなゴシップや恐い話に興じている時、化粧品店の売り子をしているチョンギウと友達になる。彼女もまた煙草好きだ。ニコチン依存症に不安を感じながら、ぎこちないふたりのロマンスは花開いていく。互いに惹かれるにつれて、彼らをとりまく奇妙な人々との衝突やちょっとした楽しい事件についてのふたりの会話は、より深い感情を帯びていく。


続きを読む "[23rd TIFF] 「恋の紫煙」"

[23rd TIFF] 「重慶ブルース」

2010.10.30.Sat.08:38
第 23 回 東京国際映画祭 アジアの風部門
「重慶ブルース」

原題: 日照重慶
製作年: 2010 年
製作国: 中国
監督: ワン・シャオシュアイ(王小帥)
出演: ワン・シュエチー、ファン・ビンビン、チン・ハオ、ズーイー、リー・フェイアル

chongongblues

[あらすじ] (引用: TIFF 公式サイト
6 か月間の航海から戻ってきたリン船長は、25歳の息子リン・ボーが警察に射殺されたことを知る。何が起きたのか知りたいが、彼は息子のことをほとんど知らなかった。息子とは何年も前に別れたきりだったのだ。彼はかつて暮らした重慶の町に戻り、自分が父親であることを見つめ直し、懺悔の旅が始まる。

第 63 回 カンヌ国際映画祭 コンペティション部門出品作


続きを読む "[23rd TIFF] 「重慶ブルース」"

[23rd TIFF] 「ハイソ」

2010.10.30.Sat.06:11
第 23 回 東京国際映画祭 アジアの風部門
「ハイソ」

原題: Hi-So
製作年: 2010 年
製作国: タイ
監督: アーティット・アッサラット
出演: アナンダ・エヴァリンハム、シーリース・リエン、サジー・アピウォン

hi-so

[あらすじ] (引用: TIFF 公式サイト
アナンダは、ある有名監督の新作に出演している。小さな町での撮影中、大学時代のアメリカ人ガールフレンド、ゾーイが訪ねてくる。だが、環境の変化が悪影響を及ぼし、ゾーイはその状況にいらだち始めてしまう。6 か月経って撮影が終了し、夏が冬に変わる。バンコクに戻ったアナンダは、製作会社で働いているメイと新しい関係を始める。しかしメイは、自分がゾーイと同じ状況であることを知る。彼女は、彼の生活になんとなくなじめない。それともそれは反対で、彼が彼女になじめないのかもしれない。


続きを読む "[23rd TIFF] 「ハイソ」"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。