スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[フランス映画祭2011] 「匿名レンアイ相談所」

2011.06.30.Thu.22:47
フランス映画祭 2011
「匿名レンアイ相談所」

原題: Les Emotifs anonymes
製作年: 2010 年
製作国: フランス
監督: ジャン=ピエール・アメリス
出演: ブノワ・ポールブールド、イザベル・カレ

les emotifs anonymes_poster

[あらすじ] (引用: フランス映画祭 2011 公式サイト
小さなチョコレート工場を経営するジャン=ルネと、その工場にセールス担当として採用されたアンジェリック。実は有能なチョコレート職人であったアンジェリックは、次第に職人としての才能を発揮し始め、傾きかけていたジャン=ルネの工場は救われる。チョコレートへの愛という共通点を持つ二人は必然的に惹かれ合うが、もう一つの共通点が二人の恋愛の邪魔をする。それは人づきあいが極端に不器用で、自分の感情をうまく表現できないことであった。ジャン=ルネとアンジェリックは、それぞれ心理カウンセラーや同じ悩みを持つ人々からのアドバイスを受けつつ、二人の間に横たわる障害を克服しようとする。



続きを読む "[フランス映画祭2011] 「匿名レンアイ相談所」"
スポンサーサイト

[フランス映画祭2011] 「ハートブレイカー」

2011.06.30.Thu.22:40
フランス映画祭 2011
「ハートブレイカー」

原題: L'Arnacoeur
製作年: 2010 年
製作国: フランス
監督: パスカル・ショメイユ
出演: ヴァネッサ・パラディ、ロマン・デュリス

larana coeur_poster

[あらすじ] (引用: フランス映画祭 2011 公式サイト
凄腕の別れさせ屋アレックス (ロマン・デュリス)。彼のポリシーはターゲットと決して恋におちないことだ。モロッコの仕事から戻った彼の今度の相手は、ワインの愛好家で 10 日後にモナコでイギリス人青年実業家と結婚するジュリエット (ヴァネッサ・パラディ) だ。ジュリエットの父ベック氏は妻の死後、10 年間断絶状態だった娘を自分の手に取り戻したいと願っていたのだった。しかし、ジュリエットと好青年の婚約者ジュリアン (アンドリュー・リンカーン) との仲は完璧で、付け入る余地すら見つけられなかった。難攻不落のジュリエットにアレックスはどう挑むのか。



続きを読む "[フランス映画祭2011] 「ハートブレイカー」"

[フランス映画祭2011] 「セヴァンの地球のなおし方」

2011.06.30.Thu.17:55
フランス映画祭 2011
「セヴァンの地球のなおし方」

原題: Severn, la voix de nos enfants
製作年: 2010 年
製作国: フランス
監督: ジャン=ポール・ジョー
出演: セヴァン・スズキ、古野隆雄、バルジャック村の人々、ほか

severn_poster

[あらすじ] (引用: フランス映画祭 2011 公式サイト
「どうやってなおすかわからないものを、壊し続けるのはもうやめてください」。1992 年、リオデジャネイロで開催された地球サミットで、12 歳の少女、セヴァン・スズキは大人たちに環境破壊を止めるよう訴えかけた。その伝説のスピーチから、来年で 20 年。もうすぐ母親となるセヴァンは「大切なのは生活の質と健康、そして子供。だから私は自己中心的に、自分たちをどう救うかを考えていきたい」と、未来の子どもたちのために発言を続けている。歯止めの効かない環境破壊や相次ぐ原発の事故を受け、多くの人々がこれまでの自らの無関心を省みる中、セヴァンが 19 年前に抱いた危機感を共有し、行動を起こしてきた人々がいる。ジョー監督は、福岡県で合鴨農法によってオーガニック米を作る古野農場の百姓百作の精神、『未来の食卓』の題材にもなったフランス、バルジャック村近くの原子力発電所の問題や村のその後の様子、コルシカ島のワイン農家、アレナ一家がビオワインに込めた島への思いなどを取材。彼らは地球の悲鳴を肌で感じ、セヴァンと志をひとつにする。

セヴァンが今、世界に伝えたいこと、そして日本とフランスで傷ついた地球と向き合い続ける人々の姿を追ったドキュメンタリー。


続きを読む "[フランス映画祭2011] 「セヴァンの地球のなおし方」"

[フランス映画祭2011] 「6 階のマリアたち」

2011.06.30.Thu.17:15
フランス映画祭 2011
「6 階のマリアたち」

原題: Les Femmes du 6e étage
製作年: 2010 年
製作国: フランス
監督:フィリップ・ル・ゲー
出演:ファブリス・ルキーニ、サンドリーヌ・キベルラン、ナタリア・ベルベケ

les femmes du 6e etage_poster

[あらすじ] (引用: フランス映画祭 2011 公式サイト
株式ブローカーのジャン=ルイは、妻や子供たちと堅実な、しかし別の見方をすると退屈な日々を送っていた。だが、同じ建物の 6 階に 6 人のスペイン人家政婦たちが引っ越してきたことから彼の生活は一変する。ジャン=ルイは開放的な彼女たち、とりわけ若いマリアに魅了される。


続きを読む "[フランス映画祭2011] 「6 階のマリアたち」"

[SSFF&A 2011] I-B

2011.06.28.Tue.00:40
International Progarm B
公式サイト

It’s me. Helmut. ヘルムートの誕生日
Nicolas Steiner / Germany/Switzerland / 11:40 / Experimental / 2009

60 歳の誕生日を迎えたヘルムート、実は 57 歳を祝うことに (笑)。監督が Film School 2 年生の時に製作したもので、11 分 40 秒、ワンカット。入れ子式のマトリョーシカを逆に、つまり内側から空けていくような感じで、どんどんセットを壊して、場面転換するのですが、一体どれが現実なのかわからなくなっていく面白さがあります。

これは、もう最高に楽しい短編で、今回の映画祭でグランプリを受賞したそうですが、納得できる逸品でした。


Catharsis カタルシス
Cédric Prévost / France / 18:00 / Comedy / 2010

自身が作る側だった映画で、カメラに追いかけられる妄想に囚われた監督を描いたもので、映画の世界からなんとか現実に戻ろうともがき苦しむ姿が、コミカルなんだけど、ちょっともの悲しい感じでよかったです。


Separation Agency 別れさせ屋
Shane Martin / Ireland / 4:53 / Comedy/Musical / 2009

ある日、ドアをノックする音で目覚めた男がドアを開けると、現れたのは歌う男性四人組! すっごく面白い、ミュージカル仕立て。男がなぜ彼女に捨てられたのかという理由を歌って、さっさと彼女の荷物を持ち出し、嵐のごとく去っていく... 他のバージョンも是非見てみたいわ~。シリーズ化、希望 (爆)。


Little Inconvenience 普通の男の普通じゃない日
Hélène Florent / Quebec, Canada / 9:13 / Fantasy / 2009

ほのぼの系なのかと思いきや、なかなか刺激的なファンタジー。普通じゃない日だった理由は、それしかないよね。そうだと思った... 映像がとてもキレイ。


3 Hours 3 時間の戦争
Regal Hall / UK/Jordan / 14:00 / Drama / 2010

バグダットで実際に起こった出来事を扱ったストーリー。シーア派 vs スンニ派の抗戦の悲劇、そして復讐は延々と繰り返されて、虚しいのひとこと。


特別上映作品
Some boys don't leave 廊下の彼氏
Maggie Kiley / USA / 17:00 / Romance / 2009

「ソーシャル・ネットワーク」 のジェシー・アイゼンバーグ出演! 「彼女」 に別れを告げられているにもかかわらず、アパートを出て行こうとしない 「彼」。彼女は彼を無視して生活を続ける。別離を直視できない、受け入れられない男のキモチ。これは、執着なのか、愛なのか。ホロっとしました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。