スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生と死を見つめる... 『11.25 自決の日 三島由紀夫と若者たち』

2012.07.26.Thu.23:13
『11.25 自決の日 三島由紀夫と若者たち』

製作年: 2011 年
製作国: 日本
監督: 若松孝二
出演: 井浦新、満島真之介、岩間天嗣

mishima_poster

[あらすじ] (引用: goo 映画
数々の名作を著し三島由紀夫(井浦新)はノーベル賞候補と目される文豪になっていた。その一方で、学生運動全盛期の 1968 年、三島は民族派の学生らとともに楯の会を結成。有事の際には自衛隊とともに出動し、命を賭す覚悟であった。しかし暴動が起きても機動隊がこれを治め、自衛隊の出る幕はなく、三島と楯の会の面々は歯噛みする。三島の見つめてきた二・二六事件、浅沼稲次郎社会党委員長刺殺事件、安田講堂事件をはじめとする学生運動、戦後の日本とは。そして、1970 年 11 月 25 日、三島は楯の会の 4 人と共に、陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地へと向かう

第 65 回 カンヌ国際映画祭 ある視点部門 正式出品

続きを読む "生と死を見つめる... 『11.25 自決の日 三島由紀夫と若者たち』"
スポンサーサイト

難儀なケミストリー... 『ただ君だけ』

2012.07.25.Wed.01:05
『ただ君だけ』

原題: 오직 그대만
製作年: 2011 年
製作国: 韓国
監督: ソン・イルゴン
出演: ソ・ジソプ、ハン・ヒョジュ、カン・シニル、パク・チョルミン、ユン・ジョンファ、オ・グァンノク、キム・ジョンハク

always_poster

[あらすじ] (引用: MovieWalker
チョルミン (ソ・ジソブ) は、かつて将来を期待されたボクサーだったが、今では夢を諦め、昼間はミネラルウォーターの配達、夜は駐車場の料金所で働いていた。ある雨の夜、料金所で 1 人、テレビを見ていると、若い女性が現れる。人懐こい笑顔で話し続けるその女性はジョンファ (ハン・ヒョジュ) といい、目が不自由なために、チョルミンを以前働いていた老人と勘違いしていたのだ。別人と気づき、立ち去ろうとする彼女に、雨宿りしていくよう勧めるチョルミン。それ以来、2 人は毎晩のように一緒にテレビドラマを見るようになる。ジョンファに徐々に惹かれていくチョルミン。ある日、自宅で職場の上司から襲われそうになるジョンファを通りがかったチョルミンが助けるが、ジョンファは会社を退職。彼女を励ますため、チョルミンはゴールデンリトリバーの子犬をプレゼントする。ジョンファとの未来を考え始めるチョルミンだったが、彼女の両親の墓参りに同行した時、自分とジョンファの過去に忌まわしい接点があったことを知る。


続きを読む "難儀なケミストリー... 『ただ君だけ』"

濃いキャラを楽しむ... 『범죄와의 전쟁:나쁜놈들 전성시대 / 犯罪との戦争:悪い奴らの全盛時代 (原題) 』

2012.07.22.Sun.06:35
『범죄와의 전쟁:나쁜놈들 전성시대 / 犯罪との戦争:悪い奴らの全盛時代 (原題)
→ 『ネームレス・ギャングスター(原題)』???
韓国版

原題: 범죄와의 전쟁:나쁜놈들 전성시대
製作年: 2011 年
製作国:韓国
監督: ユン・ジュンビン
出演: チェ・ミンシク、ハ・ジョンウ、チョ・ジヌン、マ・ドンソク、クァク・ドウォン、キム・ソンギュン、キム・ジョンス、キム・ジョング

nameless_01

[あらすじ]
1982 年、釜山。解雇の危機に瀕した税関員チェ・イクヒョン (チェ・ミンシク) は、巡回査察中に摘発したヒロポンでひと儲けしようと、釜山最大組織のボスであるチェ・ヒョンベ (ハ・ジョンウ) と手を握る。イクヒョンにとってヒョンベは家系図上で遠い親戚にあたるのだ。以後、イクヒョンは卓越した頭の回転の速さと独特の親和力でヒョンベの信頼を得ることに成功し、釜山の暗黒街を掌握し始める。しかし、1990 年、盧泰愚政権による犯罪との戦争が宣言されると状況が一変し、組織暴力団抗争が起こり、ヒョンベのライバル組織のボスであるキム・パノ (チョ・ジヌン) がイクヒョンを誘惑する。イクヒョンは生き残りをかけて立ち回る。


続きを読む "濃いキャラを楽しむ... 『범죄와의 전쟁:나쁜놈들 전성시대 / 犯罪との戦争:悪い奴らの全盛時代 (原題) 』"

あやうい境目... 『愛の残像』

2012.07.18.Wed.23:57
『愛の残像』

原題: La Frontière de l'aube
製作年: 2008年
製作国: フランス
監督:フィリップ・ガレル
出演: ルイ・ガレル、ローラ・スメット、クレマンティーヌ・ポワダツ

la-frontiere-de-l-aube

[あらすじ] (引用: goo 映画
パリ、女優キャロル (ローラ・スメット) とカメラマンのフランソワ (ルイ・ガレル)。撮影をきっかけに知り合った2人は激しい恋に落ちる。仕事でロンドンに行き離ればなれになった後も、フランソワだけを愛すると誓うキャロルだったが、映画監督の夫がアメリカから戻ってくると、フランソワは去って行く。後日、フランソワは友人からキャロルが精神を病み、精神病院に入院していることを知らされる。退院したキャロルにフランソワは他の女と付き合っていることを告げる。キャロルは哀しみを抑えきれず、自ら命を絶つ。1 年後。新しい恋人エヴ (クレマンティーヌ・ポワダツ) から妊娠を告げられるフランソワ。動揺するフランソワの前にキャロルの幻影が現れる。

第 61 回 カンヌ国際映画祭 コンペティション部門 正式出品作品


続きを読む "あやうい境目... 『愛の残像』"

精神と現実のバランス劇... 『こわれゆく女』

2012.07.18.Wed.20:31
ジョン・カサヴェテス レトロスペクティヴ
『こわれゆく女』

原題:A Woman Under the Influence
製作年: 1975 年
製作国: アメリカ
監督: ジョン・カサヴェテス
出演: ジーナ・ローランズ、ピーター・フォーク、マシュー・カッセル、マシュー・ラボートー

woman_under_the_influence

[あらすじ] (引用: goo 映画
土木作業の現場監督ニック (ピーター・フォーク) とその妻メイベル (ジーナ・ローランズ)。メイベルは家族や友人に対する強い愛情の念をコントロールできない性格だ。ある日、夫婦 2 人だけで過ごす予定の夜に、突発的な事故でニックが帰宅できなくなったことをきっかけに、メイベルの奇行が目立ち始める。友人に忠告されても、妻の精神異常を認めないニックだったが、自分の愛情がメイベルに伝わらないことに苛立ち、彼女を精神病院に入院させる。半年後、多くの友人や親族を招き、メイベルの退院を迎えようとしたニックだったが、入院前とまったく変化していないメイベルが、必死になって自分を抑制しようとしているのに気づき、皆に帰ってもらい、3 人の子供たちと夫婦だけで、再会の夜を過ごそうとする。ヒステリー状態になったメイベルと家族たちは自分たちの愛情を激しくぶつけ合い、子供たちを寝かしつけ、夫婦 2 人きりになったメイベルの顔には、穏やかな笑顔が蘇るのだった。

続きを読む "精神と現実のバランス劇... 『こわれゆく女』"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。