スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[17th BIFF] 『The Castle of Purity』

2012.10.24.Wed.21:27
第 17 回 プサン国際映画祭 Special Programs in Focus 4
Arturo Ripstein : Four Stories of Captive Minds
『The Castle of Purity』

原題: El castillo de la pureza
製作年: 1973 年
製作国: メキシコ
監督: アルトゥーロ・リプステイン (リプスタイン)
出演: Claudio Brook、Rita Macedo、Arturo Beristáin

elcastillodela.jpg

[あらすじ]
ネズミ駆除剤の製造販売業を営むガブリエルは、世俗にまみれると汚れるという理屈で、家族に外出を禁じ、外界と接触させずに、家に幽閉する。子供たちの教育も家庭内で行い、家族全員でネズミ駆除剤の製造に精を出す。子どもたちが自分の意思にそぐわないことをすると、暴力をふるい、地下牢に閉じ込める。子供たちが思春期に入り、家族関係に変化が生じる。


続きを読む "[17th BIFF] 『The Castle of Purity』"
スポンサーサイト

[17th BIFF] 『The Begininng and The End / 始めと終わり』

2012.10.24.Wed.17:20
第 17 回 プサン国際映画祭 Special Programs in Focus 4
Arturo Ripstein : Four Stories of Captive Minds
『The Begininng and The End / 始めと終わり』

原題: Principio y fin
製作年: 1993 年
製作国: メキシコ
監督: アルトゥーロ・リプステイン (リプスタイン)
出演: Ernesto Laguardia, Julieta Egurrola

Principio-y-Fin.jpg

[あらすじ]
メキシコの中流階級のボテロ一家は、大黒柱だった父親の死後、貧困にあえぐ。母イグナシオ(Julieta Egurrola)は、末っ子のガブリエル(Ernesto Laguardia)を守るために、他の子どもたちを犠牲にすることを決心する。イグナシオは、優秀なガブリエルが社会でのし上がり成功して、失った財産を取り返すと信じている。しかし運命の歯車は、ボテロ一家に予期せぬ不幸をもたらすことに。

続きを読む "[17th BIFF] 『The Begininng and The End / 始めと終わり』"

[17th BIFF] 『A Year of the Quiet Sun / 太陽の年』

2012.10.23.Tue.15:14
第 17 回 プサン国際映画祭 Special Programs in Focus 3
Poland in Close-up : The Great Polish Master
『A Year of the Quiet Sun / 太陽の年』

原題: Rok Spokojnego Slonca
製作年: 1984 年
製作国: ポーランド / アメリカ / 西ドイツ
監督: クシシュトフ・ザヌーシ
出演: マヤ・コモロフスカ、スコット・ウィルソン、ハンナ・スカザンカ、

year_of_the_quiet_sun.jpg

[あらすじ] (引用: MovieWalker
46 年のポーランド。戦争で夫を亡くし、クッキーを焼いて足の悪い母 (ハンナ・スカザンカ) を養っているエミリア (マヤ・コモロフスカ) は、ある日戦争の後遺症に悩むアメリカ兵ノーマン (スコット・ウィルソン) と出会った。次第に2人は好意を抱きあうが、厳しい状況の中では、2 人の幸福に暮らしたいという望みすら実現困難である。裁判所による夫の死亡宣告がない限り再婚できないというエミリアに、ノーマンはいつまでも待つと彼女を抱くのだった。娘の幸せを願いつつ母は死に、エミリアは彼女が自分だけを出国させるつもりだったことを知り深いショックをうけ、同時に国を離れない決心をした。そして何も知らないノーマンは、エミリアに誘われるまま別れのダンスを踊るのだった。64 年、修道院の老人ホーム。すっかり白髪になったエミリアは、院長からアメリカヘ出発できることを知らされる。しかし荷物を持って部屋を出ようとした時、エミリアはよろめいたまま倒れ込んだ。今彼女の目には、アメリカの荒野からやってきたノーマンと、あの日踊ったダンスの光景が浮かびあがるのだった。

1984 年 ヴェネツィア国際映画祭 金獅子賞

続きを読む "[17th BIFF] 『A Year of the Quiet Sun / 太陽の年』"

[17th BIFF] 『Something in the air / 5 月の後』

2012.10.23.Tue.01:03
第 17 回 プサン国際映画祭 World Cinema 部門
『Something in the air / 5 月の後』

原題: Après mai
製作年: 2012 年
製作国: フランス
監督: オリヴィエ・アサイヤス
出演: ローラ・クレトン、クレモン・メタイェル、フェリックス・アルマン、キャロル・コームス、インディア・サルボア・メネズ

apre mai

[あらすじ]
5 月革命から数年後、70 年代初めのパリ郊外。高校生のジル (クレモン・メティエ) は仲間たちとともに政治運動に余念がない。熱心にビラを配り、デモに参加し、学校の建物にペンキでスローガンを落書きし... ある日、過激な行動によって警備員が怪我をしてしまったため、しばらく活動から遠ざかることを強いられ、ジルと仲間たちはイタリアへ行くことに。

ヴェネツィア国際映画祭 脚本賞

続きを読む "[17th BIFF] 『Something in the air / 5 月の後』"

[17th BIFF] 『Ceaser Must Die / 塀の中のジュリアス・シーザー』

2012.10.23.Tue.00:34
第 17 回 プサン国際映画祭 World Cinema 部門
『Ceaser Must Die / 塀の中のジュリアス・シーザー』

原題: Cesare deve morire
製作年: 2012 年
製作国: イタリア
監督: パオロ・タヴィアーニ、ヴィットリオ・タヴィアーニ
出演: パク・ウォンサン

ceaser must die

[あらすじ] (引用: 公式サイト
イタリア、ローマ郊外にあるレビッビア刑務所。ここでは囚人たちによる演劇実習が定期的に行われている。 毎年様々な演目を囚人たちが演じて、所内劇場で一般の観客相手にお披露目するのだ。 指導している演出家ファビオ・カヴァッリが今年の演目を、シェイクスピアの「ジュリアス・シーザー」と発表した。 早速、俳優のオーディションが始まり、ブルータス、シーザー、キャシアスなどの配役が次々と決まっていく。演じるのは重警備棟の囚人たち。本公演に向けて所内の様々な場所で稽古が始まる。ほどなく囚人たちは稽古に夢中になり、日常生活が「ジュリアス・シーザー」一色へと塗りつぶされていく。 各々の監房で、廊下で、遊戯場で、一所懸命に台詞を繰り返す俳優たち=囚人たち。 それぞれの過去や性格などが次第にオーバーラップして演じる役柄と同化していく。

第 62 回 ベルリン国際映画祭 金熊賞受賞

続きを読む "[17th BIFF] 『Ceaser Must Die / 塀の中のジュリアス・シーザー』"
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。