スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょこ・チョコ・Choco

2009.07.31.Fri.15:50


スイスと言えばチョコレートですが、スイスのチョコレート産業の売上は増加し続けているそうです。

+++++++++

2004 年から 5 年間、スイスのチョコレート産業の総売上は増加し続けている。2008 年の総生産量は 18 万 4,969 トンで前年より 2% 増加した。金額にして 18 億 1,800 万フラン ( 約 1,566 億円 ) 。このうち 6 割以上が輸出される。スイス国内での年間チョコレート消費量は 9 万 5,514 トン。1 人当たり 12.4 キログラムで、前年より 100 グラム増加した。 [swissinfo.ch より]

+++++++++

年間、1 人あたり 12.4 キロ !!
10kg の米袋以上の消費量ってことですが、生涯消費量を考えるとすごい量ですね。

↓下の写真は、とあるスーパーマーケットのチョコレート売り場。それほど大きいスーパーではないのに、片面の棚すべてチョコレートで占められています。

chococoop

で、素朴な疑問。カカオ豆はスイスで栽培されていないのに、なぜスイスでチョコレート産業が成長したのでしょうかね~。

ヨーロッパにチョコレートをもたらしたのは、南米征服を果たしたスペイン人だったそうです。

そういえば、マドリードにも サン・ヒネス Chocolatería San Ginés などチョコレート専門店がいくつかあります。サン・ヒネスは、チョコレート ドリンクで有名ですが、このドリンク、日本によくあるホットチョコとか想像しているとまるで違う飲み物がでてきます。チョコレートをそのままどろんどろんに溶かした飲み物で、チュロスを浸して食べます。

ミルクチョコレートは、スイスにおいて開発されたそうですが、酪農国らしいですね。

↓こちらは今年のイースター (復活祭) 前に撮った写真。お店の前にリンツ Lindt のウサギがびっしり並んでいます。イースター後のウサギたちはどこへ行くのかって、いつも気になるのですが...^^;

chocoeaster

参照: swissinfo.ch






コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。