スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Auf wiedersehen !

2009.08.03.Mon.14:59
auf wiedersehen


2 月末に出国して以来、6 月に一時帰国をしたものの、ようやく日本に戻ってきました。たった 5 ヶ月弱のことでしたが、もうずいぶん長いこと留守をしたような気がします。

3 月、7 月はバーゼルに、4 月から 6 月はマドリードに滞在。バーゼルの生活は快適でしたが、マドリードはやや辛く (爆)...

マドリードは観光するにはおおいに楽しめる場所ですが、生活においてはスペイン語ができないと非常に苦労します。ワタシも観光客に毛が生えたようなものでしたが、それでも数日間のホテル滞在の旅行者と、日々の生活があるのとではこれほどまで違うのかと...

マドリードは大都市で、歩き回る所もバーゼルよりはるかに多いのですが、滞在期間の約半分は学校と家との往復だけで終わってしまったので、市内の主要な所には行きましたが、トリビアな発見が少なくて、歩きつくせていませんね~。残念。

短期で語学を勉強したってそんなに変わるものでもないのですが、そうかと言って何もしない、何も知りませんというわけにもいかず... 「旅は恥のかきすて」 でいいじゃないかと言う人もいますが、それって、世間知らずの 20 代の若者には通用しても、社会人経験のある熟れた年頃になると通用しないでしょ、常識的に。それが辛いところですかね (笑)。

まぁ、なんとかサバイバルできたのも、現地で知り合えた方々に助けていただいたおかげです。そして、いつかリベンジの機会を得たいと思います (笑)。

バーゼルでは、はなっからドイツ語を勉強する気もしませんでしたが、つい最近バーゼルで知り合った方がドイツ語の先生をしておられて、もっと早く知り合うことができていればやる気になったかも (あくまでも仮定の話です・笑)。

ともあれ、自分の人生において、ヨーロッパの国で生活するなんてことがあるとは夢にも思っていなかったので、こんな貴重な経験が出来たことを心から感謝するばかりです。

そして、こんな、とりとめもない滞在日記にお付き合いくださったみなさん、ありがとうございました。

↑ 上の写真は、バーゼルで知り合った人たちが、送別会の時にバーゼル滞在の記念にと贈ってくれたものです。懐かし~い。ファスナハトの仮装 Waggis の人形です。





コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。