スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[オーストリア] ウィーンの街角で [ III ]

2009.08.09.Sun.17:42


ウィーンでは 4 泊 5 日したのですが、当初はこれだけゆっくり滞在すれば十分にいろいろ見て歩けるだろうと思っていました。ところが、ウィーンの街は狭いようで広いのか...見て回ることのできなかった、心残りの場所がいっぱい。

テーマを決めて歩くのが良いかもしれません。ワタシたちも一応複数のテーマを持っていましたが、テーマが多すぎ (笑)。


+ + + + + + + + + + + +


今回、せっかくウィーンにやってきたのに残念だったことは、音楽シーズンでなかったこと。次に訪れるときは、音楽鑑賞付きにしたいですね。

悔しいので (笑) 劇場の写真を...

楽友協会ホール Musikverein
gakuyukyokai

ウィーンフィルハーモニー管弦楽団の本拠地!ニューイヤーズコンサートでおなじみですね。まぁ、もっとも定期公演のチケを入手するのは、至難の技だそうですが...


国立オペラ座 Staatsoper
oper

ウィーンを象徴する歌劇場。年間 300 日もオペラやバレエが上演されているというのに... ここで何か見たいと思ったら 7 月は避けましょう (笑)。


ブルグ劇場 Burgtheater
burgtheater


ウィーンは演劇の都でもあります。古典演劇を中心とした劇場。ヨーロッパの劇場で古典演劇を見ることは、ワタシの憧れのひとつです。ちなみに 「ブルグ劇場」 という古い映画があるので、見てみようと思います。


街でモーツァアルトの後ろ姿発見!!
mozart

このモーツァルトたちは、ウィーン・モーツァアルト・コンサートと言う観光客向けの公演を街で観光客にセールスする人々です。オペラ座や楽友協会でも上演することもあるようなので、劇場内の見物がてらというノリでも OK なら楽しめると思います。ワタシたちの滞在期間は、残念ながら、プログラムがあまりにつまらなかったのと、劇場もオペラ座とか楽友協会ではなかったのでパスしましたが...

エンタメゼロか... と、しょんぼりしていたワタシたちに朗報が... 夏は市庁舎前広場で FILM FESTIVAL があるというのです。映画祭ではありません。音楽フィルムを夜 9 時ごろから野外で上映してくれるのです。

rathaus

ちょうど、演目はモーツァルトのオペラ 「ドン・ジョバンニ」。フィルムは、昨年のザルツブルグ音楽祭のもので、主演はトーマス・ハンプソン (バリトン)。懐かし~い、ニューヨークのメトで彼の歌声を聴いたことがあります。そして、演奏はウィーンフィル、指揮はダニエル・ハーディング!!! ってことでちょっと興奮しました。何しろダニエル・ハーディングは、今、ワタシがクラシック界で注目している若手指揮者。3 月には来日もしていたのですよ。今後、新日本フィルと競演する予定もあるので、必ず聴きに行きますわ~~ ♥♪


+ + + + + + + + + + + +


ウィーンのカフェは、落ち着いてお茶とケーキが楽しめます。

ハイナー L. Heiner
heiner1

heiner2


モーツァルト Mozart
cafemozart2

cafemozart1


デーメル Demel
demel1

demel2



+ + + + + + + + + + + +


ウィーンの美味しいもの特集!!


プラフッタ Plachutta
plachutta1

plachutta2

このレストランへ来たら、ターフェルシュピッツを注文するでしょう^^v 澄みきったスープの中に、じっくり柔らかく煮込まれた牛肉が... これをホースラディッシュやほうれん草ペーストともにいただきます。絶品です。スープもいただけます。

この店、超有名店なので激混みでした。なので、サービスはあまりよくありません。ウェイターが悪いのではなくて、客が多すぎるのです。


ゲッサー・ビーアクリニーク Gosser Bierklinik
gosser1

gosser2

ビール会社直営のガストハウス。ウィーンはビールも美味しいですよ。ビール系つまみもあり、気取っていないので入りやすいです。


Zum Schwarten Kameel
kameel1

kameel2

ランチには、こんなかわいい盛り付けのオープンサンドを。種類はたくさんあります。


オーストリア応用美術博物館内のレストラン
applicationlunch1

applicationlunch2

ここもランチに最適。夏季は中庭のテラスで。レバー団子のスープ、きのこのマリネサラダ、グラーシュなどウィーン料理をリーゾナブルにただけます。ここはぜひお薦め!


+ + + + + + + + + + + + +


腰痛を押してのウィーン旅行でしたが、あれもこれも見たくて、食べたくて、大忙しだったおかげで、痛みもなんのその、なんとか乗り切りました (笑)。


コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。