スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[スイス] ハイジな気分で... [ III ]

2009.08.14.Fri.07:58


■■■ 第 3 日目 ■■■

前日、山々の麓をぐるりと回ったので、この日はインターラーケンの街に近い山の上へ。

インターラーケンオスト ~ ヴィルダースヴィル ~ シーニゲプラッテ
(Interlaken Ost ~ Wilderswill ~ Schynige Platte)

シーニゲプラッテへは、ヴィルダースヴィルで乗り換えて登山鉄道でゴトゴト 50 分かかります。
schynige1

頂上に着くとユングフラウ三山とそれに連なる山々のパノラマが広がります。カメラのレンズに収まりきらないわ~。
schynige2

シーニゲプラッテでは、ハイキング用の靴も無料でレンタルしてくれるので、トコトコ周囲を歩いてみました。犬連れのハイカーも大勢います。
schynige3

この辺りの標高 (1987m) だとちょうど高山植物があちこちで美しく咲いています。高山植物を紹介した植物園もあります。
schynige4

schynige5

トコトコ歩いていると、どこからかカウベルの音が聞こえてきます。この音、何とも心癒されます。





上から見ると、インターラーケンの街は、トゥーン湖 (上) とブリエンツ湖 (下) の間に挟まれていることがよくわかります。
schynige6

schynige7



+ + + + + + + + + + + +


ベルナー・オーバーラントでの 3 日間が終わりました。よく電車に乗った!!(笑)。とにかく、ベルナー・オーバーラント一帯に、登山鉄道 (ゴンドラ・リフト含む) というインフラを敷設していること自体がスゴイです。3000m 級の山に一気に登れるだけでなく、山々の麓をぐるりと一周できるようになっているのですから。

観光ハイシーズンにもかかわらず、混んでいて乗れないということはないし、乗客が多いと臨機応変に臨時列車が用意されます。ただし、鉄道の乗車料金はまともに乗るとかなりお高いです。スイスですから (笑)。ワタシたちは、スイス国鉄の Halbtax という半額パスを持っていたので、なかなか乗りごたえがありましたが。

さてインターラーケンの街へ戻って、山々ともお別れです。


インターラーケンの街。旧市街と新市街があり、日本で言うと軽井沢みたいな街です (笑)。旧市街と新市街の間には、2 つの湖を結ぶ運河があります。
intelaken_inner2

インターラーケンウェスト駅から電車に乗り込みバーゼルへ。駅からも山が見えました。
interlaken_inner1

   ~ FIN ~

コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。