スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オトナの童話

2009.09.19.Sat.23:25
「キム氏漂流記」
*正式な邦題は未定。「キムさん漂流記」 との表記もあり。

(韓国版 DVD)
原題: 김씨 표류기
製作年: 2009 年
製作国: 韓国
監督: イ・ヘジュン
出演: チョン・ジェヨン、チョン・リョウォン


kim's island


[あらすじ]
借金で首がまわらなくなりハンガン (漢江) に飛び込んだ男・キム氏 (チョン・ジェヨン)。気付くとハンガンのパム島に打ち上げられていた。死ぬことも許されず、この小さな島で生きることにする。一方、自分の部屋に閉じこもったきりの 「ひきこもり」 状態の女・キム氏 (チョン・リョウォン)。男・キム氏と女・キム氏の不思議なコミュニケーションが始まる。



■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


先日 「届いたお~」 と喜んでいた DVD。今年、ワタシが最も見たい韓国映画のうちの 1 本。それもそのはず、ワタシの愛するご贔屓衆、チョン・ジェヨンが出演しているからです。

今年見た韓国映画 (長編) はこれが 3 本目。いやー、これほどまでに少ないとは、自分でも驚きです。昨年まではどっぷりだったのに。それにしても、久々にミーハー気分を味わいました (笑)。


ストーリーの序盤は、まったりと進みます。

ハンガンはソウル市内を流れる大きな川で、パム島はその川の中洲のような小さな島です。渡り鳥の生息地として知られ、保護地域になっているため、通常、一般の立ち入りは禁止されています。あら残念。ロケ地巡りができません (笑)。

こんな都会のど真中で漂流とは、実に面白い設定だと思います。見る前からイ・ヘジュン監督の脚本には期待していましたが、期待通りの作品でした。

漂流生活者を演じるのはチョン・ジェヨンで、こういう役が演じられるのはこの人ぐらいでしょう。何をやっても上手いです (って、ワタシはファンなもので... すみません)。ちょっとオチャメなシーン、情けないシーン、物や自然との対話シーン... とか、そういうひとり劇の面白さ満載なのです。

それと、ワタシが言うのは偉そうですが、人物の撮り方が良いなと。男キム氏も女キム氏も対話がないため、セリフは独り言が多いのですが、平面的な撮り方でなくて包み込むような撮り方なのです。上手く言えませんが...

そして、初めて、ジェヨンのお尻を見ました (爆)。またまた下ネタシーン (エロじゃない方) かと思われるかもしれませんが、ここでは必然性があると思われたので、まぁヨシとしました (笑)。

この漂流生活者とひきこもり女は、どちらも、外界との接触が絶たれた、閉じられた世界にたった 1 人存在し、映画の中では呼ばれる名前もありません。

しかし、ストーリーでは、この 2 人が交流することになるのですが、それぞれ 1 人しかいなかったはずの世界から 2 人はどうやって抜け出していくのかというお話です。タイトルは漂流記ですが、ワタシは童話のようだと思いました。非現実的な設定なのに、日常の現実を見据えて何かを訴えかけてくる矢のようなものがビシっと飛んできます。

エンディングは、少しウルっとして、じわじわとホッコリします。ああ、こういうのがハートウォーミングというのかもしれない、と実感しました。

イ・ヘジュン監督の前作は、「ヨコヅナ・マドンナ」(共同監督)。「ヨコヅナ・マドンナ」 では、性同一障害を抱える男子高校生が主人公で、テーマは 「自分は何者か」 というアイデンティティを問うものだったかと思います。同様に、この 「キム氏漂流記」 でもやはり、アイデンティティへの問いかけと、それに続く自己再生のようなものがテーマだったのではないかと思います。イ・ヘジュン監督のこの軸にはブレがないなぁと、勝手に思い込んでいます。


あれこれ面白ネタバレしようかと思っていたのですが、ここでやめておきます。

というのも、この作品、なんとなんと、さっそく年内に日本で公開されることになりました (拍手!!)。と言っても、ショーケースですが。なかなか日本で上映されない韓国映画の中にあって、この作品が上映されるなんて嬉しい限りです。

11/21~11/30 「韓国映画ショーケース 2009」 をお楽しみに。



★★★★ 



コメント
うわぁ
すっごい楽しみ。ご紹介ありがとう。ショーケースで来てくれたほうが個人的には嬉しいです。
うふふ
you さん、年内に日本で上映されるなんて驚きです。ワタシもとっても楽しみです。ファンが増えすぎてチケット取れなくても困るので、積極的に宣伝しないようにしようかな(えっ、心配いらない!?・爆)。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。