スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昼酒呑みた~い

2009.10.02.Fri.23:09
「昼間から呑む」

原題: 낮술 (昼酒)
製作年: 2008 年
製作国: 韓国
監督: ノ・ヨンソク
出演: ソン・サムドン、ユク・サンヨプ、タク・ソンジュン

第 2 回 したまちコメディ映画祭 上映


daytimedrinking


[あらすじ] (参照: したまちコメディ映画祭 公式サイト
失恋したヒョクジンを慰めようと、飲み屋に集まった友人たちは、酒の勢いで翌日江原道のチョンソンへ旅行に出かけようと約束をする。ところが、翌日、チョンソンのバスターミナルに到着したのはヒョクジンだけだった。友人からは何かしらの言い訳でごまかされてしまう。仕方なくヒョクジンの独り旅が始まるが、酒が絡んで珍道中に...。



■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


低予算インディーズとして、評判の高い作品。その評判どおり、ゆるーい笑いに、クスクスとずっと笑いっぱなし。こんなに面白い独立系コメディって初めてかもしれません。

監督は主演以外をすべてこなしているというから、どれだけマルチな才能をお持ちなのでしょうか。


ストーリーには、お酒を飲む人にとって、あるいは男性にとっては、どこかで似たような体験や思い当たるフシがあるとか、あるいは友人から耳にしたことがあると思われるような話がちりばめられています。

お酒を飲まない人にとっては、こういう話は理解できるのかなとちょっと思ったのですが、自分が酒呑みなので、飲まない人に聞いてみたいですね。

「春の日は過ぎゆく」 (韓国 / 2001 年 / 監督: ホ・ジノ) のワンシーンがあんな風に使われるというのも、スパイスが効いていて、笑いを噛み殺すのに必至でした。

ヒョクジンに次々と襲いかかる災難 (笑)。笑っちゃかわいそうだけど、笑ってしまいます。酒での失敗は、自業自得なのですけどね。ヒョクジンの二日酔いロードムービーはずっと続くのか。それとも、ソウルへ帰れるのかな? (爆) 

ともあれ、酒を飲みながら、うだうだとおしゃべりするストーリーかと思いきや、ちゃんとロードムービーとして成立し、かつコメディとしても成立し、人間関係もしっかり組み立てられていて、構成力が抜群の映画でした。

しかし、昼間から飲むなんて贅沢な話なんですけどね...

余談ですが、そういえば 「サイドウェイ」 (アメリカ / 2004 年 / 監督: アレクサンダー・ペイン) も酒がらみのロードムービーだったなぁと、ちょっと思い出しました。日本版リメイクの 「サイドウェイズ」 はもうすぐ封切りなのですね。ええーっ、日本版でカリフォルニアまで行くことないのに...



★★★★


コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。