スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Basler Fasnacht 2009

2009.03.05.Thu.12:44
Basler Fasnacht 2009 - バーゼル ファスナハト
Montag, 02 März - Mittwoch, 04 März 2009


Basler Fasnacht は、ブラジル リオのカーニバル、イタリア ベネツィアのカーニバルに続く世界三大カーニバルに数えられることがあるほど有名なカーニバルで、Aschermittwoch (Ash Wednesday : 灰の水曜日 = 復活祭の 46 日前) の翌週の月曜日早朝から、drey scheenschte Dääg (= most wonderful three days : 最もすばらしい 3 日間) が始まります。

*注: 世界三大カーニバルにあげられるカーニバルは諸説あるようです。

Fasnacht の開催前には、街のあちこちで Blaggedde ! (標準ドイツ語 = Plakette) という掛け声がするので、何だろうかと思ったら、Fasnacht 公式サポーターバッジのようなものを売っていました。Fasnachts-Comité (運営委員会) への寄付になるそうです。ゴールド、シルバー、ブロンズの 3 種類ありました。


迷わずもっともお手ごろなブロンズ (CHF 8) をチョイス(笑)
plakette



■ Morgestraich ■

まず、初日。早朝 4:30 の Morgestraich (標準ドイツ語 = Morgenstreich : 夜明けの一撃) から始まります。

4:30 に街中の電灯が消えると、それが合図となり、あちこちの街路を埋め尽くす仮装チームが一斉にランタンに明かりを灯します。ランタンは大小さまざまで、それぞれ仮装チームごとに Sujet と呼ばれるテーマにそっていろとりどりのペイントが施されています。テーマは、政治的、社会的なネタが多いようです。

ランタンの行列は、どこから開始と決まっているわけではなく、主要な広場を中心に始まり、ピッコロとドラムの音色とともに街中を練り歩きます。とても幻想的な雰囲気で、見ごたえがあります。


Morgen_1
Morgen_2
Morgen




■ Cortège ■

Cortège (標準ドイツ語 = Umzug) はパレードのことで、月曜日と水曜日 13:30 から開始。

街のあちこちで、仮装した人々、Gugge (ブラスバンド) や Clique (鼓笛隊) が Waage (山車) や Chaise / Schäse (馬車) とともに行進します。

日本のなまはげや天狗のような風貌の大きなマスクを被ったコスチュームは、Waggis と呼ばれています。


Fasnacht1
Fasnacht3
Fasnacht4
Fasnacht8
Fasnacht9



Waage からは、見物客にキャンディ、果物、花が配られます。配られるというか、正確には Waage の中から投げてくるので、キャッチしなければなりません。

私が道端でぼっーと立って見ていたら、「ほら、そこのおばちゃん、しっかりキャッチしろよ」 との身振りで、指を差され、オレンジやレモンが投げつけられました。


Fasnacht2
Fasnacht6


Best Kid !  かわいい~
Fasnacht7


仮面も休憩中
Fasnacht10


これが戦利品!?  ボトルもキャッチ!
Fasnacht11


パレード中には Räppli (= confetti : 紙ふぶき) や Zeedel と呼ばれる細長いシートのようなものが大量に撒かれるので、あとで清掃が大変そう…と思ったら、さすがきれい好きなスイス国民。夜中に清掃車がきれいに掃除していました。

他にも、Gugge Konzärt (ブラスバンドコンテスト) があったり、Ladärne Usstellig (ランタン展示) があったり、街のレストランやバーで演奏があったりと、朝から晩まで、大人も子供も総出で、めいっぱいお祭りモード全開の楽しい 3 日間でした。



楽しむ時は思い切り楽しむ人々の姿を見ていると、こちらの方がほっこりさせられ、ゆったりした気分になりました。

そして何よりも驚いたのは、人ごみでごったがえしているにもかかわらず、警察官の姿を見かけなかったことです。誘導するボランティアらしき人はいましたが。

人ごみでごったがえしても、人を後ろから押したり、無理やり人と人との間に入ってきたり、我も我もと前へ出てこようとする人がおらず (たまたまそういう事態に遭遇しなかっただけかもしれませんが)、パブリックマナーの良さが行き届いているように思いました。つくづく、心のゆとりって大事だなぁと。


Link to ⇒ Basler Fasnacht Online


読みたい本 :
「バーゼル - ライン河畔に息づく生と死の文化」 
横手征彦 著 新教出版社

「ライン河畔の謝肉祭 - ファスナハト・アム・ライン」
鴫沢秋生 著 新風舎

コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。