スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PIFF 2009] Epilogue

2009.10.28.Wed.15:30
ようやく PIFF のレポート完了。

今年観た作品は、幅広い国やジャンルからに選ぼうと思って選びました、もちろん、見たかったけどチケが手に入らない作品もありましたが、ハズレもなくて、満足しています (自己満足ですがね)。

とにかく、まず、韓国・アジア映画にとらわれないということ。特に、韓国インディー系ははずすことにしました。昨年、手ひどい作品に遭い (笑)、懲りました。映画祭でしかお目にかかれない作品もあるので、それも出会いだなぁと思います。


ヘウンデ (海雲台) の浜辺に立って、目の前に広がる海を見ると、とてもすがすがしい気分になれます。

heunde_west

piffpavilion



★ 散策 ★

プサンは港湾都市として、今やアジアの海運産業を牽引する存在です。急速な経済発展を遂げながら、まだまだ昔ながらの魚市場が残っていて、レトロ色も楽しめるのです。

チャガルチ市場のシンボル?このモダンなオブジェの向かい側では、懐かしい市場の風景が広がっています。

symbol_pusan


築地で言うと場外なのかしら。というより、路地売りそのものです。年代もののビーチパラソルみたいなのが並んでいて面白いです。

rojiuri


小さなカゴの上で 「気を付け」 して並んでいる太刀魚と大ハマグリみたいな大きな二枚貝... 焼いたら美味しそう。

market_seafood


これは何だぁ~?

pusan_market


おお、チャメ (참외) だ。まくわ瓜のことです。チャメを大量に積んだトラックのおじちゃんが、1 袋 10 個で売ってくれるけど、10 個は多いのよね~。かなり美味しいらしい... やっぱり今度見つけたら食べてみようっと。

chame



★ 食 ★

どこのガイドブックにも載っている済州家の あわび粥 は、濃厚で磯の香りがたっぷりつめこまれています。お粥を食べているすぐ後ろで、お店の人があわびを殻からはずす作業をしていました。そんな音を聞きながら、堪能...

awabi


いつもの あさりうどん。これでもかというぐらいあさりがどっさり入っていて、手打ちのうどんはコシがあって、あさりのダシが出ているスープも絶品。土鍋みたいな器に入っていますが、これで 2 人前です。

asariudon

そば粉のちぢみ。初めて食べました。まぁ、そば粉クレープなんていうのもありますから、その親戚のような感じで、見かけは黒いけど美味です。

sobako


東莱参鶏湯の サムゲタン。これまで食べたサムゲタンの中で、一番美味しいと思いました。スープにコクがあります。おかずも、砂肝、白菜のコチュジャン和え、きゅうりの酢漬けなどどれも美味しくて大満足...

samgetan


さて、来年もまた訪れたいですね^^v


コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。