スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[韓国映画ショーケース] 「グッドモーニング・プレジデント」 + 監督 Q&A

2009.11.22.Sun.13:57
「グッドモーニング・プレジデント」

原題: 굿모닝 프레지던트
製作年: 2009 年
製作国: 韓国
監督: チャン・ジン
出演: イ・スンジェ、チャン・ドンゴン、コ・ドゥシム、イム・ハリョン、ハン・チェヨン

gmp1

[あらすじ] 
任期満了を 6 ヶ月前にした大統領キム・ジョンホ (イ・スンジェ)。イケメンで最年少独身の大統領 (チャン・ドンゴン)、初の女性大統領 (コ・ドゥシム)の三人三様の大統領の姿を描く。


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


注: ネタバレしないようにしているつもりですが、まっさらな状態でご覧になりたい方は、下記をスルーしてくだい。



「韓国映画ショーケース 2009」 でチケット入手が最も難しかった作品、「グッドモーニング・プレジデント」 を見てきました。

この日は、ワタシが敬愛するチャン・ジン監督の登壇。前売りチケットが手に入らず...

でも、チャン・ジン監督来日を見逃すなんて、ファンとしてそんな選択肢はワタシにはありません (笑)。当日券ゲットのため、早朝から並びましたよ...。並ぶなんて久しぶり...でもありませんね。PIFF ではいつも並ぶことを思えば、特別なことでもないと言い聞かせ、まだ夜が明けぬうちに現地到着。

あれっ... 並んでいるのは数人だけ?あれだけ勢いよくチケが売り切れたわりには... やはり主演イケメン男優が来日しなければこんなもの。韓流の実態を象徴していますね。その時点で、当日券を手に入れることができるであろうという確信も持てましたし、その上、思いがけない出会いがあったりして、早起きした甲斐がありました。

そんなにまでして見たかった作品ですが...

中盤、睡魔が襲ってきて... 早起きのせいなのか、映画の内容のせいなのか...お察しください (笑)。

3 人の大統領をオムニバス形式でつなげて登場させるという手法で見せてくれます。3 人の大統領のそれぞれのストーリーのつなげ方とか、大統領ごとにテーマがきっちり仕込まれているとか、脇役の使い方とか、最後のまとめ方とか、そういうのはさすがだなと思いました。

でも一体だれが主役なの?もしかして料理長?(爆)

余談ですが、そういえば、12 月の青龍賞の優秀主演男優賞候補にチャン・ドンゴンが入っていますが、それってどうよ... と思ってしまいます。別に、チャン・ドンゴンに批判的というわけではありません。この作品では、これまでになかった一面を見せてくれますが、彼だけが特に主演というわけではないですよねってことです。

ともあれ、焦点がややボケているのは否めないかもしれません。まぁ、人物クローズアップみたいな話を、3 編綴ったような形式になっているので、それは仕方ないのかしらね。

また、主人公が大統領だからといって、政治的な何かを伝えようと意図している話でもありません。政治風刺コメディと冠しているようですが、風刺の色はかなり抑えられているかと。なぜなら、大統領をとりまく環境は、風刺ととらえるほど現実味のある想定ではなかったので。大統領は、あくまでもキャラとしてとらえられていて、「徹底的に大衆的」 な話です。

しかし、一番驚いたのは、作品の印象がこれまで以上にハートウォーミング。野球で言えば、直球勝負!! 監督ならではのハートウォーミングな部分というのは、これまでの監督作品についてもワタシも好きなところです。人間って、こんなに純粋で善良なのかと、ホッとできる作品ですかね。

その一方で... 捻りもなく、キレの甘い笑いがそこかしこに。スイートすぎるというか、今さらそんな古びた笑いをとるのかっ... という部分もところどころありました。そんなことは百も承知かと思うのですが、なぜそういう笑いが入っているのか不思議でした。

それにしても、常連のチョン・ジェヨンやシン・ハギュンの影すら見えないチャン・ジン作品は、個人的にはちょっとさびしいです。

今回上映されたものは、韓国版を少しカットしたものだそうです。韓国版をご覧になった方にお話を伺ったのですが、こちらの方が良かったとのこと。この点については、Q&A でも触れられました。でも、韓国版 DVD が出たら確かめてみたいなぁと思います。あとセリフも...

そして.... フィルメックスの方のお話によると、この作品、時期は明言されませんでしたが、日本での劇場上映が決まったそうです。


◆ Q&A メモ (概要) ◆

Q: 料理人がもう 1 人の主人公のような描き方になっている意図は?

A: 大統領に一番近い人々は誰かと考えたら、毎日食事を作る料理人だと思ったので登場させた。


Q: 劇中、ご自身がカメオとして出演していたか?とても似ている人がいたような気がしたので。

A: よくそういう問い合わせを受けるが、今回は出ていない。


Q: 韓国で観たが、カットされた部分があったようだ。なぜカットしたのか?日本の大使が出てくる場面だったかと。

A: 韓国では笑えるような話だが、日本ではどうかと思って、私自らがカットしようと提案してカットした。製作サイドにも俳優にも了解を取った。日本の大使が少し愚かなキャラクターとして描かれているため。


Q: 劇中のキャラはキャスティングする俳優の性格に合わせるのか?

A: 基本的に劇中のキャラをキャストの性格に合わせてシナリオを書くことはない。今回は、主人公の職業が大統領ということで、それぞれのストーリーに合う最高の俳優をキャスティングしたかった。3 人ともオファーを一発で OK してくれた。


★ 追記
Q&A の詳細な内容 は TOKYO フィルメックス デイリーニュースで配信されています。




コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。