スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

auf Küche [3]

2009.03.26.Thu.16:10
■ ♪よぉ~れいひぃ~♪ なミルク ■■■

Milch <Heidi> CHF 1.80
heidimilk


「スイスに行くんだ~」 と周囲に話したら、たいていの話相手からは、「アルプスの山々が広がるハイジの里かぁ」 という回答が返ってきました^^;

いやぁ・・・
Basel は商工業都市である上、スイス国内でアルプス山脈からはもっとも遠い場所。空港に着いたら、アルプスの山々が目の前にどーんと・・・なんてことはありません。ヨーデルやカウベルの鈴の音も聞こえてきません。つまりスイスのイメージからは、最もかけ離れた町なのかもしれません。

だから・・・
朝、この、いかにもスイスチックなミルクを飲みながら、「そうだ、私はスイスにいるんだ」 と自分に言い聞かせるのでした。



■ アスパラの待遇 ■■■

Spargel weiss (ホワイトアスパラガス) 1 kg CHF 9.80
Spargel grün (グリーンアスパラガス)  1 kg CHF 9.80
aspara *調理済み


大好きな野菜、アスパラガスの美味しい季節がやってきました。ホワイトアスパラガスは、4 月からが本格的な旬だそうです。ホワイトもグリーンも日本で手に入る、珍しくもない食材なのですが、日本のものよりかなり太めのものが多いです。ホワイトでもグリーンでも値段は同じ。

1 kg どっさり気軽に買えるのが嬉しくて (もちろん 1 kg 以下でも買えますが)、1 kg で 25~30 本ぐらい。一本ずつ皮を剥き、一気に茹でて、うちの食卓ではほとんどメイン料理と化しています。そして、アルザスの Riesling (白ワイン) と合わせて食べると格別なのです。

GLOBUS というデパートの家庭用品売り場をうろついていたら、アスパラ好きにはもってこいの商品が並んでいました。アスパラ料理の本はもちろん、アスパラ料理専用のカゴ、鍋、皮むき器が・・・。ああ、どれも欲しいけど、日本に帰ったら 1 kg 単位で買って料理することないし、まちがなくキッチンではお邪魔な存在。本来は調理段階でこんなに待遇の良い食材だったのですね (笑)。




コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。