スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[SSFF&A2010] Academy Program

2010.06.21.Mon.03:15
Academy Program
公式サイト

最新のアカデミー賞短編部門作品が紹介される企画。昨年も大満足のプログラムだったので、今年も期待していました。映画祭といえども、ここまで人の入りが良いとは言えない状況だったので、直前に駆け込んでも平気かと思ったら、これまでワタシが参加したプログラムでは最多の人の入りで、端っこしか席がなく...

ともあれ、今年の SSFF&A での鑑賞は、このプログラムで締めとなりました。


Instead of Abracadabra アブラカタブラ
Patrik Eklund / スウェーデン / 22:00 / コメディ / 2008
第 82 回 (2010 年)アカデミー賞短編実写部門 ノミネート

合言葉は 「Chimay! (シーメイ)」 (笑)。アブラカダブラに相当する言葉として、マジシャンの主人公が唱えるオリジナルの呪文。主人公がこの呪文を唱えるだけで、クックッと笑ってしまいました。このマジシャン、大丈夫かしら... と劇中の登場人物も観客も思うんだけどね。どんでん返しが面白かったです。


KAVI カヴィ
Gregg Helvey / インド/アメリカ / 19:00 / ドラマ / 2009
第 82 回 (2010 年) アカデミー賞短編実写部門 ノミネート

社会派ドラマ。奴隷のように働かされる人々の現実。児童労働という、貧困国での問題に切り込んだ作品でした。


Miracle Fish ミラクル・フィッシュ
Luke Doolan / オーストラリア / 17:53 / ドラマ / 2009
第 82 回 (2010 年)アカデミー賞短編実写部門 ノミネート

ドラマなんだけど、ミステリータッチ。いや、もしかしてエイリアンの仕業?とか思ってしまったワタシ。学校での銃乱射事件を扱っていて、ややショッキングな展開でした。


The New Tenants 新しい隣人
Joachim Back / デンマーク/アメリカ / 21:00 / ドラマ / 2009
第 82 回 (2010 年) アカデミー賞短編実写部門 受賞

この作品が一番面白かったなぁと思ったら、アカデミー賞短編部門受賞作品でした。ブラックユーモア溢れすぎていて、笑いどころで、だんだん顔が引きつってくるような、そんな感覚にとらわれました。




コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。