スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひたすら浸るタンゴの世界 「アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち」

2010.08.10.Tue.23:16
「アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち」

原題: CAFE DE LOS MAESTROS
製作年: 2008 年
製作国: アルゼンチン
監督: ミゲル・コアン
出演: オラシオ・サルガン、レオポルド・フェデリコ、マリアーノ・モーレス、カルロス・ガルシーア、ホセ・リベルテーラ、ヴィルヒニア・ルーケ

cafe de los masetros

[あらすじ] (引用: ぴあ映画生活)
アルゼンチンの伝統音楽タンゴの名匠たちが 2006 年に 1 枚のアルバムを完成させる。そして世界 3 大劇場のひとつと言われるコロン劇場で、一夜限りのステージを開催するまでの模様を追ったドキュメンタリー。40 ~ 50 年代にタンゴの黄金時代を築いたアーティストたちが語る。


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


この作品は、伝統音楽タンゴの往年のスターたちが一堂に会し、アルバムを製作し、一夜限りのコンサートを開く姿を追う、貴重なドキュメンタリー。

タンゴと言われると、情熱的な男女のダンスとしか頭に浮かばない貧しいワタシの発想からは、想像もできないような、華麗でノスタルジックな音の広がりに驚きました。

アコーディオンに似たバンドネオンや、ピアノ、弦楽器... タンゴを演奏するためだけの一流演奏家たち。そうよね、こういうアーティストたちが音楽を支えているのよね~。いまさらだけど。

タンゴって、西欧音楽の影響を受けていないアルゼンチン独特音楽なのだそうです。

タンゴのことなんて何も知らないけれど、ただひたすら、タンゴの心地よいリズムに酔いしれ、マエストロたち軽やかなスペイン語のおしゃべりに耳を傾け、とにかく、ひたすら浸る、浸る、浸る、タンゴに。耳の穴からこぼれおちるほど...

とても得した気分の音楽作品でした。

彼らが製作したアルバム、欲しいわ~♪♪



コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。