スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[韓フェス2010] 「イテウォン殺人事件」

2010.09.07.Tue.23:31
韓流シネマフェスティバル 2010
「イテウォン殺人事件」

原題: 이태원 살인사건 (イテウォン殺人事件)
製作年: 2009 年
製作国: 韓国
監督: ホン・ギソン
出演: チョン・ジニョン、チャン・グンソク、シン・スンファン、オ・グァンロク、コ・チャンソク、ソン・ジュンギ

iteawon_sarinsagon_poster

[あらすじ] (引用: 公式サイト
イテウォンにあるハンバーガー店のトイレで、韓国人大学生 (ソン・ジュンギ) が胸や首など計 9 ヵ所をめった刺しされる残酷な殺人事件が起きた。容疑者として身柄を拘束されたのは、ピアスン (チャン・グンソク) とアレックス (シン・スンファン) というアメリカ籍の青年ふたり。しかし、彼らの証言は正反対で、相手に罪をなすりつけ合うばかり。事件を担当するパク検事 (チョン・ジニョン) はピアスンの証言を信じ、アレックスを犯人と決め込むが。


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


この作品の前の回で、再度 「カン・チョルジュン」 を見たのですが、観客 10 名ほどで、ほとんど My Screen 状態! 劇場側としては手痛い状況でしょうけれど、ワタシ的にはカレたち (←複数形) を鑑賞するには美味し過ぎて上機嫌でスクリーンを後にしたのでした。

で、スクリーンを出たら、なんだなんだこの人だかりは...。次の 「イテウォン~」を待つ人がそこそこ集まっているではありませんか。これってやっぱり、テギョン@「美男ですね」 人気なのでしょうか。ウナギ上りですね~。

ところで、この作品って、すでに日本語版 DVD も出ているのですね。あー、知らなかった。最近ちっともチェックしてなくて。

実話ベースということもあって、ストーリーは面白かったです。でも、どうなのでしょう。法廷場面ってわざわざ映画で見なくてもいいと個人的には思うのです。映画の構図としても面白味に欠けるし、見せ場になるほどの人間劇でもないし。TV 画面で十分だったかと。

それよりも...

殺された大学生。冒頭から、グサグサ刺されて全身血みどろなのですが、あの切れ長の目、どこかで見た目。しかも、ワタシの好きな目だわ~と気になって、気になって仕方なくて、劇中何度も回想される被害者の血まみれの顔をガン見してしまいました。

ガン見したおかげで、あの子だわ~!!!と。現在、視聴率低迷で話題のアイドル韓ドラ、なんちゃらスキャンダル(笑)に出ているソン・ジュンギくんではありませんか~。そのドラマ、見てるんかいっ!ってそちらをツッコまれそうですけど (ノーコメント・笑)。「オガムド」 にも出てるのね~。血みどろの死体をワタシにガン見させたソン・ジュンギ、おそるべし...

... という、助演鑑賞の楽しみもありました。


肝心の方々。チョン・ジニョンは、苦悩する検事役を好演していました。誰を、何を根拠として犯人と判断するのかって、そんなに生易しいものではないのですね。ニコリともせず、最後はもう顔色も悪く、げっそりしていて、さすが~。

チャン・グンソクって童顔だけど、どこかパンチのある大人びた演技をするので 20 代後半かと思ったら、まだ 23 歳なのね~。ビジュアルのみならず、実力のあるところが憎いところ。これまで、韓流次世代っていろんな人があげられたけど、ビジュアル先行型がほとんど。チャン・グンソクは別格で、この人の時代がやって来たという感じがしました。

あと、シン・スンファン、オ・グァンロク、コ・チャンソクもそれぞれイイキャラでした。女性がほとんど出てこない作品でしたね。

しかし、一体、誰が犯人なんだか。とっても後味が悪いですね~。それでなくても、血みどろガン見しすぎて、後味が...うっ。


さてさて、これにて、ワタシの今年の韓フェスは終了。もうしばらく韓国映画はいいや... と、言いながらまた見るんですけどね。今年はオープニングを含めて 5 本。すごく当たりという作品には出会えなかったけれど、見た作品においては、総じて演者がヨカッタというところは満足しています。あと、「カン・チョルジュン」 を日本語字幕付きで見られてヨカッタということかな。



コメント
若いでしょう?
こんにちは.
劇場で観られたんですね.
ヘビーな映画でしたよね~.

>パンチのある大人びた演技をするので 20 代後半かと思ったら、まだ 23 歳なのね~。ビジュアルのみならず、実力のあるところが憎いところ・・

マジャヨ!!
いいこと言ってくれますわ~~lotusさん,感涙.v-406
この映画への出演を選んだあたりも,なかなかヤルでしょう?
ピアソン役,メキシコ系っていうのが違和感がない容貌なのにもびっくりでした.

>助演鑑賞・・
で思い出したんですけど,カンチョルジュンのほうに,イ・ミンホくん出てたでしょう?
大画面でみたら,後日,あんなにブレークするようなオーラありましたか?
私は最初にみたときも,彼は全然スルーしてしまっていたので.-_-;;
まあ,もうひとりのほうに目が行ってたためですが,笑
Re: 若いでしょう?
komachi さん

この作品、アレックスもピアスンも疑わしいまま終わってしまって苦々しい思いでしたが、これが実話なのですね~。

>この映画への出演を選んだあたりも,なかなかヤルでしょう?
>メキシコ系っていうのが違和感がない容貌

そうそう、作品の選び方もなかなかですよね。「楽しき人生」で共演したチョン・ジニョンとは、まったく異なる絡み方も面白く見ました。
テギョン@「美男ですね」みたいなソフトな感じもこなすかと思えば、つかみどころのない無国籍風もこなして、若いのにすでに演技の幅を備えているというところも、同世代の中ではずば抜けていますよね。先が楽しみですね。

>カンチョルジュンのほうに,イ・ミンホくん出てたでしょう?
>後日,あんなにブレークするようなオーラ

ワタシ、そもそも、韓フェスの公式サイトでイ・ミノが出演していることを知ったほどで、どこに出ていたんだと画面で確認したら、キム・ナムギルにあっけなく刺されて、ユ・ヘジンにお腹かき回された子だったのですね。最初観たときから、何しろボスのほうにばかり気を取られてしまって^^、子分たちにはほとんど目が行かずじまいで。ナムギルを観たのも「カン・チョルジュン」が初めてだったかと。この人、ずいぶん出番多いなぁ~なんて思ったことを覚えています(笑)。



管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。