スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

auf Küche [4]

2009.04.02.Thu.23:30


■ 縮緬 (ちりめん) 自慢 ■■

Kohl (キャベツ ⇒ チリメンキャベツ) 1 個  CHF 2.05
chirimen

こちらのマーケットに並んでいる野菜の中で、日本の野菜と似て非なる野菜の筆頭に挙げられるのが、キャベツです。日本のキャベツに一番見た目が似ているものに kabis weiss (白キャベツ) というのがあるのですが、葉がとっても固くて、生食向きではなく、日本のキャベツとはかなり違うものです。煮込むか、ザワークラウト向きなのですね。

で、これもキャベツ。堂々と 「キャベツ」 とラベルが貼られているのですが、どうみても日本のキャベツとは違います。この種の和名はチリメンキャベツと言うそうです。葉っぱの縮緬が見事でしょう。これは剥いても剥いても、中まで見事に縮緬なのです。もうまさしく伝統工芸品なみの芸術性だわ~と感嘆の声をあげてしまいました (笑)。

でも、やっぱり生食向きではなく、さて、一体どう料理しようかと悩んだあげく、ロールキャベツに最適ということがわかり、さっそくトライ。縮緬に味が沁み込んで、確かに日本のキャベツよりロールキャベツには向いているかもしれません。



■ ポップな癒し系 ■■

Kohlrabi (カブタマナ) 1 個 CHF 1.90
pop

和名はカブタマナと言うそうで、カブに見えるけどカブではありません。この野菜の形が可愛くて、見るたびに、ポップアーチスト 村上隆の 「ロクロク星人」(六本木ヒルズのキャラクター) を思い浮かべてしまい、ふふふ、と笑ってしまうのですが・・・。

ともあれ、ずっと気になっていたものの、正体不明だったのですが、どうやらキャベツの仲間らしいということを突き止め手にしてみました。食感は、キャベツというよりブロッコリーの芯みたいでしたが、サックリしています。茹でてサラダにするか、煮込み料理に使います。




コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。