スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウル しっとりスポット その1

2010.10.25.Mon.23:59
プサンから KTX に乗って、2 年と数ヶ月ぶりのソウルへ。

KTX に乗るのも初めてでしたが、チケット買うのはとても簡単!当然 1 等車です。海外での列車の旅は (車種によるけど)、1 等車に限ります。2 等車とは居心地のよさがまるで違うのです。

日本の新幹線が素晴らしいと思うのは、グリーン車に乗らずとも、普通車でも十分清潔感があって座り心地がいいところですね。

スイスの SBS 列車、フランスの TGV、スペインの AVE、ドイツの DB 列車とヨーロッパの列車に乗って学んだことは、1 等料金をケチるなでした。清潔感と座り心地、この 2 つに雲泥の差があります。韓国の KTX は、フランスの TGV を導入しています。

さてさて前置きはこのくらいで、今回はまだ行ってなかったソウルの静かな観光地?にスポットをあててみました (笑)。

ソウルの繁華街は相変わらず人が多くて、地下鉄も道路も混んでいて、なんとなく、心が落ち着くようなしっとりした場所ばかりを訪ねてしまいました。

(あっ、ゴヌクさん(誰よっ?)の家とか韓流的小ネタは別宅にて・笑)




* * * * * * * * * * 



しっとりスポット その1
宗廟 종묘
朝鮮時代の歴代の王と王妃の霊牌 (神位) を奉った儒教祠堂

何度もソウルを訪れているのに、ここへ入ったことはありませんでした。周囲はしょっちゅう歩いていましたが。世界遺産に登録されているので、ガイド付きの観光のみで、自分のペースでのんびりすることはできないのが残念。ここだけ空気がいいのですよ~。


■ 正殿

ここにズラリとならんだ各室には、歴代の王と王妃を祀る牌が納められているそうです。柱はエンタシス形式です。正殿の前の石畳がなんともいえず趣きがあります。 


sobyo_2



 sobyo_1



■ 永寧殿
 
sobyo_6



永寧殿正門は、 魂が外へ通り抜けできるように、すかすかの造りになっているそうです。

sobyo_5 



宗廟の敷地内の道は、すべて 3 本に分かれています。中央の道が少しだけ高くなっているのがお分かりかと思いますが、中央は王様のみが許される道だそうです。敷地内でも、観光客はできるだけ中央の道を踏まないようにと、ガイドさんからのお願いもありました。

sobyo_3 



コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。