スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[11th FILMeX] 「海上伝奇」

2010.11.29.Mon.02:58
第 11 回 東京 FILMeX 特別招待作品
「海上伝奇」

原題: 海上伝奇
英題: I Wish I Knew
製作年: 2010 年
製作国: 中国=オランダ
監督: ジャ・ジャンクー
出演: チャオ・タオ、リン・チャン 

iwishiknew

[あらすじ] (引用: 公式パンフレット)
18 人の人物へのインタビューによって上海の近代史を振り返るドキュメンタリー。

カンヌ映画祭 ある視点部門 上映作品

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


本作は、上海の近代史に迫るドキュメンタリー。18 人にインタビューして、近代史のひとコマひとコマをあぶりだすような形式になっています。

ワタシは、上海にまだ行ったことがありません。どんな街で、どんな人々が、どんな言葉を話して、どんな生活を送っているのかということは、映像などを通じて想像しているにすぎません。大都市上海が中国経済を牽引する中心地であることは知っていますが、それが上海のすべてではないことぐらいは分かりますが。

このドキュメンタリーは、さらに近代史に踏み込んでいて、現在の上海というより、今ある上海がたどってきた道筋を描いているわけなので、上海にまつわる歴史的背景の知識に乏しいワタシには、難解でした。知らないということは、恥じることではないけれどやはり愚かなことで、たった一本の映画も理解できないじゃないかと。

各人へのインタビュー自体は、興味深い側面から切り込まれているのはわかるのですが、つながりが分からないのです。ただ、ホウ・シャウシェンを初めとする映画人が何人か紹介されていたところは、少しホッとできましたが。

フィルメックスの公式サイトに、本作でインタビューされた 18 人のデータがあります。あくまでも補足データなので、それだけでは、映画の全体像はつかめませんが、この作品を見る機会があるならば、データを手元に置きながら、メモが取れるといいかもしれません。




コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。