スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Semana Santa

2009.04.13.Mon.22:42


昨日の日曜日は Pascua (復活祭) でした。この日曜日を挟んだ前後 2 週間はいわゆるイースターホリデーにあたり、学校は休みで、会社でもお休みを取る人が多く、マドリードの街は観光客で大賑わいでした。Jueves Santo (聖木曜日)、Viernes Santo (聖金曜日) はスペインの祝日です。

復活祭に至るまでの 1 週間は Semana Santa (聖週間) と呼ばれ、カトリック教徒が圧倒的多数を占めるスペインでは重要な行事が催されます。

Semana Santa の期間中、procesión と呼ばれる行列が華麗で有名な町はセビージャですが、 マドリードでも小規模ながら行列があったようです。

「あったようだ」 というのは、実際に行列を見たわけでなくて、Semana Santa 専用のガイドブックが観光インフォメーション センターに置いてあったのを見て初めて知ったわけで・・・しかも復活祭の日に・・・遅いってば・・・

とは言うものの、たまたま Jueves Santo に、Palacio Real (王宮) の隣にある Catedral de Santa María la Real de la Almudena (アルムデーナ大聖堂) に立ち寄ったとき、礼拝が行われている最中で、Semana Santa の厳かな雰囲気に浸ることができました。

Catedral de Santa María la Real de la Almudena (アルムデーナ大聖堂)
almudena


西洋文化芸術を知る上で、キリスト教に関する知識は欠かすことはできませんよね。西洋の絵画を鑑賞したり、映画を見たり、本を読んだりする時に、そうした背景がよく出てきます。その背景の意味が分かるのと分からないのでは大違いだと思います。中高生時代、あれほど退屈だった (コラコラ) 「宗教」 の時間が、大人になってこれほど役立つとは思いもしませんでした。キリスト教徒ではありませんが、宗教に関心がなくとも、聖書を知識として読むことはお勧めです。

聖書を読むのはちょっと・・・と思われる方は、ミュージカル映画 「ジーザス・クライスト・スーパースター」 などもいいかも。ロック調ですけどね (笑)。この映画は、高校生の時に見て、涙が出るほど感動し、私にとって思い出深い作品です。聖週間と聞くと真っ先に思い浮かべてしまいます。



=== Glossary Memo ===

Semana Santa  聖週間
La Pasión del Señor  キリストの受難
Domingo de Ramos  枝の主日 (エルサレム入城)
Lunes Santo 聖月曜日
Martes Santo 聖火曜日 (論争の日)
Miércoles Santo  聖水曜日 
Jueves Santo  聖木曜日 (最後の晩餐)
Via Crucis 十字架への道
Viernes Santo 聖金曜日 (受難の日)
Sábado Santo  聖土曜日
Domingo de Pascua de Resurrección 復活の主日



コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。