スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Toledo [Castilla La Mancha]

2009.04.20.Mon.19:57
もし 1 日しかスペインに滞在することが
       できないのなら、迷わずトレドへ行け

この名言どおり、トレドは時間が止まってしまったかのような古いたたずまいが、迷路のように入り組んでいて、キリスト教、ユダヤ、イスラムの 3 つの文化が混ざり合った、訪れる価値のある街でした。

マドリードからは、近郊路線バスでも、電車でも行けますが、あえて、1 日観光バスツアー (英語) を選びました。ツアーなら時間が有効に使えるし、トレドは小さい街ですが、1 日でもじっくり見て回るには回り切れないほど見所満載の場所です。自分でふらっと行くのもいいですが、「行った」 という記憶しか残らないので、じっくり説明を聞いてみたいと思いました。

私が参加したツアーでは、地元トレドの専門のガイドさんが、入り組んだ細い道、裏通りをくねくねとひき連れて歩き (これは自力では無理)、スペイン建築様式やトレドの歴史をていねいに説明してくれます。実際に聞くのと聞かないのでは大違いだなぁと、このツアーへの参加は大正解でした。

英語ツアーでも平気という方は是非! ただ、たいていの英語ツアーはそうですが、日本語ツアーと違って、放任主義でもあります。「自分 (ガイド) にちゃんとついてきてね~迷っても知らないからね~」、「集合時間に遅れても置き去りにするからね~」 と最初にクギをさされ、迷っても遅れても探してくれませんから、オトナな対応で臨んでください (笑)。

Link to → Trapsatur トラプサトゥールのツアー 

マドリードを出発して、1 時間 15 分ほどでトレドに到着しますが、マドリードを出るとしばらくは、森や林は一切なく、ひたすら起伏のなだらかな平野が広がっています。そんな、まったりとした風景を走り抜けると、突如として崖上にトレドが出現し、6 世紀にはこんなところに西ゴート族の首都があったのかと思うと、なかなか感慨深いです。



*  *  *  *  *  *  *  *  *  *



タホ河に囲まれたトレドの街
やはり、ここはもう絶景・・・
view


街の狭い路地をくねくね・・・
kune1


さらに狭く・・・
kune2


さらにさらに狭く、人ひとり分の幅ぐらい・・・
kune3



サン・トメ教会  Iglesia de San Tome
エル・グレコの名作 「オルガス伯爵の埋葬」(El entierro del Conde de Orgáz) があります。
写真撮影禁止。もちろん、門外不出。ここでしか見ることができません。
この作品には、グレコ自身とグレコの息子も描かれています。
Link to → 「オルガス伯爵の埋葬」 (Wilkipedia)


サンタ・マリア・ラ・ブランカ教会 Sinagoga de Santa María la Blanca
教会内は写真撮影禁止。ヨーロッパに残存する最古のシナゴーグ (ユダヤ教会、後にカトリック教会に転用) 。キリスト教国のカスティージャ王国時代に、イスラムの建築家によって建てられたユダヤ教会。ユダヤ、アラブ、スペインの文化が融合する特異な教会。
Link to → 教会内部 (Sacred Destination)


唯一残存するユダヤ式アーチのゲート
gate



サン・フアン・デ・ロス・レイエス教会 San Juan de los Reyes
教会内は写真撮影可。カトリック教会ですが、修道院の回廊は、1 階はゴシック、2 階の天井は幾何学模様のアラブ世界です。

教会内部
naibu

修道院の回廊 1 階
kairo1

修道院の回廊 2 階天井
kairo2



トレド大聖堂 Catedral de Toledo
教会内は写真撮影厳禁。あまりの広さにくらくらするぐらい壮大なカテドラル。奥行き 140m、幅 60m、高さ 32m。このカテドラルだけでガイドさんの説明は 1 時間に及びました。完成まで 260 年余りを費やしたスペイン 3 大カテドラルのひとつ。このカテドラルが完成して 60 年後にようやくパリのノートルダム大聖堂が完成したそうです。トレドの方が早かったのですね (ガイドさんはちょっと自慢げでした・笑)。

このカテドラルにも、エル・グレコ名作 「聖衣剥奪」(El Expolio) をはじめとする、ティチアーノ、ラファエロなどの宗教画が展示されています。もちろん、「聖衣剥奪」 は門外不出。
キリストの神格性より人間性が強く描かれていて、当時、エルグレコと教会の間で論争になったとか。
Link to → 「聖衣剥奪」 (ibiblio.org)

カテドラルへの坂道・・・よいこら登ります・・・
to catedral

カテドラルの塔
catedral



*  *  *  *  *  *  *  *  *  *



トレドは、まさしく 3 つの文化が折り重なって、ぎゅっと閉じ込められているような、そんな街です。異なる文化が衝突するどころか、ちゃんと調和が取れていることに驚きました。


ジャンキーなお土産屋さんにもちょっと心が惹かれ (笑)・・・
junkie


城門の外へ・・・
jomon
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。