スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうちょっとパンチを... 「このまま死ねるか!」

2011.07.15.Fri.23:55
「このまま死ねるか!」
DVD

原題: 이대로,죽을 순 업다 (このまま (イ・デロ)、死ねない)
製作年: 2005 年
製作国: 韓国
監督: イ・ヨンウン
出演: イ・ボムス、ソン・ヒョンジュ、チェ・ソングク、ピョン・ジュヨン、カン・スンヨン

konomamasineruka

[あらすじ] (参照: 輝国山人の韓国映画
勤務はサボるわ、賄賂を受け取るわの不良刑事、イ・デロ (イ・ボムス)。ある日突然、彼は脳腫瘍のため余命 3 ヶ月を宣告される。父ひとり、子ひとり。自分が死んだら一人残されてしまう娘ヒョンジ (ピョン・ジュヨン) のために、彼は保険金を残そうと決意し、何とか殉職に見せかけて死のうと企てる。しかし、死のうとすればするほど、運良く犯人を検挙し、手柄をたててしまうことに。果たして彼は、うまく保険金を残せるのだろうか? 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


韓国映画鑑賞が続きます。というのも、先日レンタルショップに行って、韓国映画の未見作品をチェックしたのですが、「こんな作品まで、日本語版が出ているのか」 と驚くことがあって... もっとほかに日本語版を出してほしい作品あるのになと。

実は本作も、なぜに今さら日本語版が出ているんだと驚いたもののひとつ。だって 5 年以上も前の作品で、評判になったわけでも、観客動員数が多かったわけでも、日本で知名度のあるスター俳優が出ているわけでもないのに、比較的最近になって日本語版が発売されたものなのです。わけがわかりません...(笑)。

一応、脚本は、「オールドボーイ」 (2003 年 / 監督: パク・チャヌク)、「春の日のクマは好きですか」 (2003 年 / 監督: ヨンイ)、「野獣と美女」(2005 年 / 監督: イ・ゲビョク)を担当したファン・ジョユンということなので借りてみました。ちなみに、この脚本家さん、劇中カメオ出演していたことを後で知りました。

主人公の名前、イ・デロは、「이대로 = イデロ = このまま」 という意味にひっかけて、タイトルをもじっているわけですが、キャストを見てもわかるようにコメディ。

病気と家族と刑事を組み合わせて、殉職コメディに仕立て上げるところは面白いなと思ったし、こういう素材は、無難に楽しめるはずなのですが、何かが足りない...。

不良刑事キャラはすでに 「公共の敵」 (監督:カン・ウソク) シリーズでソル・ギョングが強烈に演じているので、イ・ボムスが頑張っているとしても、どことなくキャラのパンチ力が足りず、流して見てしまいました。ユ・ヘジンが特別出演していることもあり、ますます 「公共の敵」 を意識してしまいました。

なんども殉職を試みるけれど、なかなか死ぬことができないというところは、笑えるところなのですが、素直に笑えない...。ワタシの心がまっすぐじゃないからなのかしらん。

イ・デロ以外のキャラが、あまり面白くなかったのも残念でした。

こんなところに... と思ったのは、イ・デロたちが追いかける銀髪のワルな犯人役にパク・クンス(ドラマ 「成均館スキャンダル」 成均館のユ博士) とイ・デロの上司の課長役にチョ・ミンギ (ドラマ 「善徳女王」 チンピョン王)。細かすぎる?

しかし、どうして日本語版が発売されたのか、謎は解けないままでした(笑)



コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。