スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉妹ロードムービー... 「今、このままがいい」

2011.07.15.Fri.23:59
「今、このままがいい」
DVD

原題: 지금,이대로가 좋아요
製作年: 2008 年
製作国: 韓国
監督: プ・ジヨン
出演: コン・ヒョジン、シン・ミナ、キム・サンヒョン

sisters on the road

[あらすじ] (引用: goo 映画
ソウルの会社で働いているミョンウン (シン・ミナ) は、大学進学を機に家を出て以来、故郷・済州島を顧みることはなかった。ミョンウンの異父姉妹の姉・ミョンジュ (コン・ヒョジン) は、故郷で母の魚屋を継いでいる。ある日ミョンウンは、母が亡くなったという知らせを受けて帰郷する。ミョンウンはミョンジュに、幼いころに自分を捨てた父親を探す旅に出ようと持ち掛ける。性格がまったく異なり、幼いころから衝突してきた 2 人は、何かにつけ対立し、ついには自動車事故を起こしてしまう。しかし 2 人は旅を通じて、過ぎた日々を共有し、父親の過去と家族の秘密に近づいていく。



◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


日本では、映画祭などで何度も上映、紹介されている作品。

先のレビューの 「이대로 = このまま」 つながりを狙ったわけではありません。偶然です (笑)。

ワタシにとって、数少ないお気に入り韓国女優の 2 人コン・ヒョジンとシン・ミナの共演作。人気女優 2 人がインディー作品に登場することから、2 人がこの女流監督の意気込みを汲んだことを感じ取ることができます。

ひとことで言うと、ストーリーの展開や、映像の流れよりも、時の流れが先に気になってしまった作品でした。遠まわしな表現ですが、要は、インディー作品にありがちなモタついた作品ということです。

性格の異なる異父姉妹が、旅に出るロードムービー。モタついていたけど、最後まで見ると、ああ、見てよかったなと思いましたが。ロードムービーは、結末の据わり方が重要なのですね。そこへたどり着くまでの過程は、結末を知って始めて理解できるところがあるような気がします。

姉妹でありながら、父親が異なり、性格が両極端に違うという設定なので、その 2 人のキャラが、前半はもちろんクロスするはずもないのだけど、妹が父親を探したいと旅に出るところから、そのクロス加減が繊細で、とても面白く見ました。

2 人は、妹の父親を探すことができるのか、その父親は誰なのか...

この結末は、かなり衝撃的でした。序盤でどことなく違和感を感じていたことが、そのまま結末に直結し、それがワタシにとっては驚きであり、また同時に、その違和感のツボをおさえていたことを自慢したくもあり (笑)。

インディー、インディーと言ってしまいましたが、監督はインディーを狙っていたわけではないらしい... でも、どうみてもインディーなんだけどな...(笑)。


コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。