スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

用意周到は別のところに... 「用意周到ミス・シン」

2011.07.22.Fri.23:38
「用意周到ミス・シン」
DVD

原題: 용의주도 미스신
製作年: 2007 年
製作国: 韓国
監督: パク・ヨンジプ
出演: ハン・イェスル、イ・ジョンヒョク、クォン・オジュン、キム・イングォン、ソン・ホヨン

miss sin_poster

[あらすじ] (参照: innolife
美貌に恵まれ、広告代理店のチーム長という肩書を持つ、現代っ子シン・ミス (ハン・イェスル)。彼女は3人の男性と付き合っている。財閥 3 世のジュンソ (クォン・オジュン)、今は司法試験浪人だが将来の検事候補ユンチョル (キム・イングォン)、年下のミュージシャン・ヒョンジュン (ソン・ホヨン)。ミスは自分の将来に相応しい相手をじっくり選ぶため、こうして複数の候補者を揃えているのだ。ある日、ミスのアパートにドンミン (イ・ジョンヒョク) が引っ越してきた。出会いは最悪だった。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


駄作だとは知っていましたが、のちのち何らかの引き合いに出したくなったときのために (?)、とりあえず見ておかなければと思ったわけです。

駄作だとわかっているなら、文句を言うなと言われそうですが、ホント、しょーーーーもない作品でした。というより、これ、映画として成立しているのでしょうかね。2 時間ドラマそのもの。

この作品、そもそも、韓国ドラマ 「ファンタスティック・カップル」 (以下 「ファンカ」)でブレイクして人気を得たハン・イェスルを、ここぞとばかり後押ししたい所属事務所が自ら手がけたもの。確かに 「ファンカ」 は面白かったし、ドラマでのコメディエンヌとしてのハン・イェスルは良かったですよ。でも、似たような高ピーキャラの二番煎じで、映画でもうひと儲けしようとした事務所の思惑は大ハズレだったわけです。

恋愛をショッピングのように見立て、常にイイ男を漁ってはキープ。高ピー女の男狩りという軽いノリのお話なのですが、コメディとして思い切り笑わしてくれるならまだしも、ちっとも面白くない...。

これがスクリーンデビューで、いきなり主役だったハン・イェスル。映画はドラマの延長ぐらいにしか考えていないように思えてしまう、薄っぺらい、表情の乏しい演技にはため息ですが... 。容姿は完璧でも心に陰を抱えているとかキャラクターをもう少し掘り下げるなり、あるいは、もうブッチギリのコメディエンヌに徹するなり、どうにかできなかったのでしょうかね。これは演出が悪いのかな?

ロマコメというジャンルですが、ロマンスとしても、コメディとしても、中途半端。笑えないし、胸キュンもないし酷すぎます。内容そのものに、用意周到であってほしかったですね。

驚いたのは、この作品での主演で、この年の韓国内の映画賞の新人女優賞を総なめにしているハン・イェスル。いかに、韓国の映画賞がいい加減かってことを証明しているようで、苦笑してしまいました。


ハン・イェスルとワタシの若手ご贔屓ソン・ジュンギとの共演作 「티끌모아 로맨스 (塵集めてロマンス)」 が、今秋公開を控えていますが、この作品を見てちと心配になってきました。もちろん、姉さんの方が...(笑)。



コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。