スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

列車に身をまかせ... 「晩秋 / 만추」 (1981)

2011.07.31.Sun.22:18
「晩秋 / 만추」
KMDb 配信

原題: 만추
製作年: 1981 年
製作国: 韓国
監督: キム・スヨン
出演: キム・ヘジャ、チョン・ドンファン、ヨ・ウンゲ 

kim_late autumn

[あらすじ] (引用: 輝国山人の韓国映画
殺人罪で服役中の模範囚ヘリム (キム・ヘジャ) は、刑期を 2 年残して母の墓参のための特別出獄を許可される。江陵行の列車に乗ったヘリムは、犯罪組織にまきこまれて追われている青年ミンギ (チョン・ドンファン) に会う。ミンギの執拗な接近で受刑生活中の凍りついた心が溶けたヘリムはミンギを愛し始めるが、一緒に逃げようというミンギの勧誘を拒んで刑務所に戻る。



 
◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


KMDb からリメイク作品の特集で、この作品が配信されていることを Koo さんに教えていただき、早速視聴! KMDb で見るのは、「グッド・バッド・ウィアード」 のモチーフとなったイ・マニ監督の 「鎖を断て/ 쇠사슬을 끊어라 」 (レビューはコチラ) 以来で、久しぶりだわ~。

本作は、1966 年に発表されたイ・マニ監督 「晩秋」 の 3 度目のリメイク作品。オリジナルのイ・マニ監督版は消失していて、今は見ることができません。ですから、オリジナルと比較するということができないのですが、「晩秋」 のリメイクはこれまでに 4 度行われていて、そのうちの 1 作品は日本の作品です。最新リメイクは、最近話題になったヒョンビンとタン・ウェイが出演しているキム・テヨン監督版。キム・テヨン監督版は、昨年の釜山国際映画祭で観賞済み (レビューはコチラ) だったので、これはリメイク作品を遡ってみようと思ったわけです。


オリジナル:
1966 年 イ・マニ監督 「晩秋 / 만추」

リメイク:
1973 年 斎藤耕一監督 「約束」
1975 年 キム・ギヨン監督 「肉体の約束 / 육체의 약속」
1981 年 キム・スヨン監督 「晩秋 / 만추」
2010 年 キム・テヨン監督 「晩秋 / 만추」


本作では、2 人の出会いは電車の中で、女主人公ヘリムは途中まで看守に付き添われています。ヘリムは母親の墓参りのために出獄を許されるという設定で、行き先は江陵。墓へ辿りつくまでに束草を通るのですが、ドラマ 「秋の童話」 で有名になった渡し舟のある風景が、この頃からちっとも変わっていないことに驚きました。

キャストは、「母なる証明」 のキム・ヘジャと、それこそ 「秋の童話」 にも出演していて韓ドラでは有名なチョン・ドンフン。この 2 人の若かりし頃の姿を、じっくりと拝めます。お 2 人ともあまり変わっておられませんが (笑)。

さて、ストーリーは、電車の中で運命的に出会った男女が恋に落ちるという正統派ドラマ。女は囚人で特別に許可をもらって外出中、男は訳ありなゴロツキ (?)。

この 2 人、運命的な愛を確認できたとしても、最初から不幸の影がさしていて、どう見てもこの 2 人、一緒になれないだろうなと。

ひと夏の経験じゃないけど、とある旅の出来事として、愛の逃避行となりがちな展開を期待させます。逃避行のチャンスはあるけれど、女がきっぱり断ってしまうのですが、やはり新しい愛と向き合うためには、罪を償ってキレイな身で出発したいという乙女心なのかなと。

運命的な出会いの次に来るものが、ただ待つことだけとは、いやはやもの哀しいですね。

電車の中のシーンが多く、ゴトゴトと列車に身をゆだねて揺られて旅する気分は味わるのですが、やや単調な作りでした。

最新リメイクのキム・テヨン監督版は、舞台がシアトル、2 人の出会いはバスの中で、女の方には看守の付き添いもなく、ずいぶんと変化がつけられたようですね。




コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。