スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

El Escorial [Communidad de Madrid]

2009.04.27.Mon.22:27
マドリード自治州 (Communidad de Madrid) の北西の端にある町、エル・エスコリアル(正式名称は San Lorenzo del Escorial) へはマドリード市内の地下鉄 Moncloa 駅地下から出ている近郊バスに揺られて約 1 時間 (3.35€)。

El_1


この町は、グアダラマ山脈の麓にあり、街の北側には、それほど高くありませんが岩肌を見せている山が立っています。この町のシンボルとも言える建物は、エル・エスコリアル修道院 (Monasterio de El Escorial)。

修道院と言っても、宮殿も兼ねており、聖堂もあり、図書館もあり、学校もありという、壮大な建物で、外観はカトリック関連施設にありがちなゴテゴテ感がなく、とてもすっきりとしたデザインになっています。エレーラ様式と言うのだそうです。

聖堂 Basílica
El_2


ここもアランフエス同様、なかなか旅行の日程には組み入れにくい場所かもしれません。マドリードでの滞在時間が長ければ足を延ばすことができますが。

地球の歩き方の記載に忠実に従い(笑)、見ておきたかったのは、エル・グレコの 「聖マウリシオの殉教」(Maritirio de San Mauricio)、図書館の天井のフレスコ画、庭園でした。

エル・グレコの絵は、照明が暗すぎて色彩がはっきりしなかったのですが、やはりここでも宗教画というよりは、人間性が強く押し出された作品で、注文主のフェリペ 2 世の好みの合わなかったとか。

修道院の絵画廊には、エル・グレコの他の作品や、ティツィアーノなどのイタリア画家の作品も数多く展示されています。

宮殿の地下には、王家の霊廟 (Los Panteones) があって、大理石で作られた歴代の王族の棺が所狭しと並んでいるのですが、なんとも奇妙な雰囲気でした。これがエジプトだったら、ミイラの棺が並んでいるようなもので・・・

ひときわ豪勢な棺が置かれていて目を引いたのですが、解説によるとその棺は、女帝マリア・テレジアの遺品か何かが収められているとか・・・ハプスブルグ家の威光を示すために何か形見分けでもしたのでしょうか・・・

お目当ての図書館 (La Biblioteca) の天井のフレスコ画は、なかなか見事なものでした。図書館らしく学問をモチーフにしたフレスコ画で、両サイドは 「哲学」 と 「論理学」 を示していました。

図書館を出ると・・・あれ、庭園へ出られなかったなぁと・・・

係員に庭園へどうやって出るのかと尋ねると、今日はクローズだと言うのです。そんなバカな!! さっき建物の中から、庭園を歩いている人を見たもの。私のつたないスペイン語が悪かったのだと思い、英語で聞き直してみたのですが、やはりクローズだと言い張るのです。

この人に食い下がっても無駄と判断し、別の場所の係員に英語で聞いたところ、スペイン語で教えてくれました (えーっ、英語で聞いているのに・・・)。知っている単語、「階段 = escalera」 と 「左 = izquierda」 の 2 語だけが聞き取れ、無事に庭園に入ることができました。係員の対応ひとつをとっても、言うことが違って、ねっ、いい加減なのですよ (苦笑)。


ああ、この風景が見たかったのです。

エル・エスコリアル修道院 Monasterio de El Escorial
El_4

庭園
El_3

El_6

庭園から南を望むと、遥か遠くにマドリード市内がかすんで見えました。

この建物の中と外をぐるぐる回っただけで、2 時間半も費やし、とにかく壮大な建物でした。

Link to → Palacios Reales HP


エル・エスコリアルの街並み
El_5



コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。