スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだ何のその... 『ニュームーン トワイライト・サーガ』

2012.02.23.Thu.19:13
『ニュームーン トワイライト・サーガ』
Movie Plus 放映

原題: The Twilight Saga: New Moon
製作年: 2009 年
製作国: アメリカ
監督: クリス・ワイツ
出演: クリステン・スチュワート、ロバート・パティンソン、テイラー・ロートナー、ダコタ・ファニング、マイケル・シーン、アシュリー・グリーン

newmoon twilight_2

[あらすじ] (引用: Movie Walker
18 歳の誕生日、ベラ・スワン (クリステン・スチュワート) は絶望感に包まれていた。永遠に 17 歳であるヴァンパイアの恋人エドワード・カレン (ロバート・パティンソン) より年上となってしまったことがその理由だった。そんな折、誕生日パーティで事件が起こる。ベラの血の香りに本能を抑えられなくなったエドワードの家族が、彼女を殺しそうになったのだ。味方である自分の家族でさえも、ベラを傷つけてしまうというヴァンパイアの宿命を思い知ったエドワードは、家族ともども彼女の元を去る決意をする。しかし、運命の人に突然の別れを告げられたベラは深く傷つく。彼女を励まそうとベラに寄り添うのは、幼馴染みのジェイコブ・ブラック (テイラー・ロートナー)。そしてある日、ベラはエドワードたちに敵対するヴァンパイアに追い詰められ、殺されそうになる。そこに現れ、彼女を救ったのは巨大な狼たち。そして、ジェイコブの身体に異変が。彼はキラユーテ族という、ヴァンパイアと敵対する狼族の末裔だった。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


『トワイライト』 シリーズ、第 2 作目。もちろんこちらも目が離せない。何しろ想像を超える展開なのだから。

さて、冒頭から 18 歳の誕生日を迎えるベラがとっても憂鬱。なぜって 1 つ年をとるから。10 代で年齢を気にするなんて、生意気な...(笑)。

しかし、恋人のエドワードは永遠の 17 歳だものね。自分だけが老いていくなんて... と、老後の姿まで想像してしまうベラ。もうヴァンパイアと一生添い遂げる気でいるのか。もっと選択肢を広げた方がいいんじゃないの、お嬢さん。

エドワードの正確な年齢は 109 歳!!! 不老不死、永遠って、ときに残酷ね。ベラのヴァンパイア願望が募るのだけど、それも短絡的じゃない?

限られた時間、限られた肉体にしかない価値があるってことを、ヴァンパイアたちは誰よりも知っているのではないかというところが、これまた哀しい。

どうしても血を求めてしまう本能を押さえられないのがヴァンパイア。エドワードは愛するベラを傷つけたくないと、ベラのもとを去ることを決断。なんて、男前なの! 人の心を読む能力を持ち、その人の心を理解できてしまうヴァンパイアには、本能との葛藤と苦悩があるのよね。

エドワードが距離を置くと、先住民族のジェイコブがベラを慰めるかのように、だんだん近づいていくのよね。このジェイコブの正体がこれまたビックリ。オオカミ人間なのよ。オオカミ人間とヴァンパイアの間では、互いに不可侵・休戦条約みたいなのを結んでいるらしく、その対立の歴史は長いみたい。

美少女ベラは、どうしてバケモノたちからしかモテないのか (笑)。ジェイコブの正体を知っても、「怪物は初めてじゃないわ」 と、たいした驚きも見せずに大人の対応。

ちなみにオオカミ人間の体温は 42 度。ヴァンパイアが冷人族なだけに、オオカミ人間に抱きしめられると、ほっこりコタツがわりになるような。オオカミ人間とヴァンパイア、あなたならどちらを選ぶ? と問われているようだけど、究極の選択しかないのなら温もりが欲しい。でも、正直なところ、どちらもいやよ。

どうしても離れることのできないベラとエドワード。しかし、ヴァンパイア界において人間との恋は掟破り。ヴァンパイアのお偉いさんたちから、ベラをヴァンパイアにするように命じられるエドワード。ベラもエドワードと一緒にいたい一心で、ヴァンパイアになる覚悟をするけど、父親や母親にはどう説明する気なんだろう? 

ところで、ヴァンパイアの総本山はイタリアにあるのね。

今回もツッコミどころ満載。まだまだ、続く...


コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。