スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記憶の検証... 『건축학개론 / 建築学概論 (原題)』

2012.06.13.Wed.23:50
『건축학개론 / 建築学概論 (原題)

原題: 건축학개론
製作年: 2012 年
製作国: 韓国
監督: イ・ヨンジュ
出演: オム・テウン、ハン・ガイン、イ・ジェフン、スジ、チョ・ジョンソク、コ・ジュニ

architectstory_poster

[あらすじ]
建築学科の大学生スンミン (イ・ジェフン) は、'建築学概論' の授業で初めて会った音楽科の女子学生ソヨン (スジ) に一目惚れ。親しくなるものの、自分の気持ちを上手く表現できない純真なスンミンは、告白の言葉を心の中にしまったまま、小さな誤解によってソヨンと遠ざかることになる。そして、15 年後。建築家になった 35 歳のスンミン (オム・テウン) の前に、15 年ぶりにソヨン (ハン・ガイン) が突然現れた。当惑を隠せないスンミンにソヨンは家を設計してほしいと頼む。共に家を作り上げていく間に、愛があったかもしれなかったあの時の記憶がよみがえる。




■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


『建築学概論 (原題)』 は観客動員数 400万 を超え、今年公開された韓国の国内映画としては最大のヒット作。

この作品の評判を聞きつけ、先月のソウル旅行の時に見てきた (当然字幕がないので、作品の理解が間違っているかもしれない)。3 月下旬の封切りからすでに 2 か月近く経っていたにもかかわらず、場内はかなり混んでいたことから、観客の評判の高さは嘘ではなかったようだ。

オム・テウン、ハン・ガイン、イ・ジェフン、チョ・ジョンソクと、今年になって TV ドラマで話題になっているキャストがそろっていることもあり、人気を博していると思われる。

この物語は、学生時代に出会ったスンミンとソヨンという 2 人の初恋の話。

「初恋」 は、いかにも韓国コンテンツが得意とする素材で、映画でも TV ドラマでもかなりいろいろ見てきている。私自身、初恋を扱った韓国映画ならば 『ラブストーリー』 が一番好きで、それを超えるラブストーリー作品にはなかなか出会えないなと思っていたが、ようやく出会えたと思えたのがこの作品。

過去の 2 人と現在の 2 人はキャストを変え、過去と現在を行き来するストーリー展開。一見、あまり目新しさがないように思えるが、何かが心に引っかかる作品だった。

初恋は叶わないから切なく、忘れられないから引きずるもの。初恋は終わらないもの。初恋を思い出して胸が痛むから涙して、初恋に執着する切なさでまた涙する... というのが、従来の初恋の捉え方だったような気がする。ところが、この作品には、そうしたお仕着せの感情のルートはない。再会して、ヤケボックイに火が点くなんて陳腐な展開ではないということ。

誰にでも初恋はあるけれど、それはどういう初恋だったのかと冷静にひとつひとつ見つめなおすルートを、過去と現在の 2 人を行き来しながら、その 2 人とともに歩いていくような気分だった。それは共有する記憶の検証とでも言うべき過程。恋心や痛みといった感情は消えても、記憶は消えない。この記憶の検証に使われたのが、「記憶の習作」 という音楽。この音楽の使い方が実に秀逸だった。

イ・ヨンジュ監督描き下ろしの脚本で、建築工学科出身という経歴を持つ監督ならではの持ち味が活かされた内容だと思う。

『建築学概論』 挿入歌 MV
기억의 습작 (記憶の習作) by 전람회 (展覧会 : Exhibition)


(Thanks to upnewsmovie from YouTube)


◆ Pros
- 韓国映画界の新鋭イ・ジェフンを見よ!
- ベタでない初恋物語。
- 音楽と映像の抜群のケミストリー。


コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。