スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突き放されても、撃たれても・・・「エグザイル / 絆」

2009.01.25.Sun.01:02
「エグザイル / 絆」

原題:放・逐 Exiled
監督:杜峯 (ジョニー・トー)
制作年:2006 年
制作国:香港
主演:黄秋生 (アンソニー・ウォン)、呉鎮宇 (フランシス・ン)、張耀揚 (ロイ・チョン)、林雪 (ラム・シュ)、張家輝 (ニック・チョン)、任達華 (サイモン・ヤム)、何超儀 (ジョシー・ホー)

さすが、2007 年の TOKYO FilMex を湧かせた作品。

FilMex で見逃したので、楽しみにしていましたが、とてもスリリングで、ストーリー展開のエンジンがかかってからのスピード感は息を呑む面白さでした。

ドンパチ流血の銃撃戦シーンというのは本来あまり好きではありませんが、この銃撃シーンは華麗でスタイリッシュ、見ごたえがありました。映画の中の撃ち合いは、意味のない、単なるアクションの添え物にすぎないものが多々あるのですが、この作品では、意味のある撃ち合いもあるのだということを知りました。

社会的には悪業に手を染めるアウトローな彼らをやや美化しているきらいはありますが、そこはエンタメの特権だと理解する必要もあります。

仁義なき戦いなのか、仁義ある戦いなのか。

あちらを立てればこちらが立たず。

邦題の「絆」という副題は、いかにも日本らしいベタな押し付け感がありますが、アウトローであってもなくても、人間と人間の絆は、その人間同士の価値観によって決められるということなのでしょうか。

そして、原題の「放逐」が、彼らの置かれた極限的な状況をよく説明しています。行く着く先、帰るところ、拠りどころのない彼ら。不思議と悲壮感が漂ってきません。

表からも裏からも完全に突き放されてしまった彼らに残された道、いえ、究極的には彼ら自身が選んだ道は、潔さにあふれていたような気がしました。


マカオへは、1 年半前の夏に訪れました。返還後のマカオはカジノブームに湧き立っていました。
この通りも歩いた記憶があります。


exiled



コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。