スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難儀なケミストリー... 『ただ君だけ』

2012.07.25.Wed.01:05
『ただ君だけ』

原題: 오직 그대만
製作年: 2011 年
製作国: 韓国
監督: ソン・イルゴン
出演: ソ・ジソプ、ハン・ヒョジュ、カン・シニル、パク・チョルミン、ユン・ジョンファ、オ・グァンノク、キム・ジョンハク

always_poster

[あらすじ] (引用: MovieWalker
チョルミン (ソ・ジソブ) は、かつて将来を期待されたボクサーだったが、今では夢を諦め、昼間はミネラルウォーターの配達、夜は駐車場の料金所で働いていた。ある雨の夜、料金所で 1 人、テレビを見ていると、若い女性が現れる。人懐こい笑顔で話し続けるその女性はジョンファ (ハン・ヒョジュ) といい、目が不自由なために、チョルミンを以前働いていた老人と勘違いしていたのだ。別人と気づき、立ち去ろうとする彼女に、雨宿りしていくよう勧めるチョルミン。それ以来、2 人は毎晩のように一緒にテレビドラマを見るようになる。ジョンファに徐々に惹かれていくチョルミン。ある日、自宅で職場の上司から襲われそうになるジョンファを通りがかったチョルミンが助けるが、ジョンファは会社を退職。彼女を励ますため、チョルミンはゴールデンリトリバーの子犬をプレゼントする。ジョンファとの未来を考え始めるチョルミンだったが、彼女の両親の墓参りに同行した時、自分とジョンファの過去に忌まわしい接点があったことを知る。


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


本作は、2011 年プサン国際映画祭開幕式で上映された作品。プサンであまり評判が良くなかったので、見る予定はなかったのだが、現在韓国で放映中のドラマ 「幽霊」 に出演しているソ・ジソプにほだされてうっかり見てしまった。

監督は、ワタシの大好きな作品 『マジシャンズ』のソン・イルゴン監督。『マジシャンズ』 は、全編ワンカットという驚くべき製作手法で、音楽とのコラボが美しい物語。あの作品のイメージがワタシの頭の中にこびりついていたので、正直、本作を見終わって、同じ監督の作品かと疑いたくなってしまった。

ボクサーとしての夢破れた青年が、視聴覚障害を抱える女性と恋に落ちるなどという設定は、典型的な純愛物語。しかも、青年は目の見えない彼女の足長おじさんになるという展開。どこまでもベタである。

こういうタイプの作品を見ると、泣くに泣けないイライラ感が募るばかり。

ボクサー崩れで過去に脛きずを持つ男チョルミンを演じるソ・ジソプの瞳は、絶望の淵で彷徨う憂いに満ちている。その憂いが徐々に解けていくストーリーが展開するものと期待すると、それも完全に裏切られてしまう。

深い憂いの空気をぶち壊すのが、純真で天真爛漫な視聴覚障害者ジョンファ役のハン・ヒョジュ。ハン・ヒョジュは、ドラマ 「トンイ」 のように、純真で、正義感にあふれる、天使のような役はお得意かもしれないけれど、ジョンファのキャラクターには、チョルミンの暗い心に光を灯すほどの緻密な説得力がない。

心に闇を抱えた男と天真爛漫な女。真逆の世界に住む 2 人が出会って恋に落ちるという、典型的なスタイルで仕上げるのであれば、2 人のケミストリーが良くないと見ている側は心情的に入り込むことができない。2 人の歯車がカッチリ合うでもなく、ギシギシと不協和音を立てるでもなく、2 つの歯車は別々のところで無関係に回っているような感じさえがする。

2 人の間には、過去に悲劇的な接点があったという事実だけが、2 人の関係を揺り動かす唯一の原動力であって、2 人のケミストリーが感じられないちぐはぐさが残念だ。

後から知ったのだが、本作は、チャールズ・チャップリンの名作 『街の灯』 をモチーフに再構成したラブストーリーなのだそうだ。やはりソン・イルゴン監督は、単純なメロドラマを撮ったわけではなかったようだ。サイレント&モノクロ作品のモチーフを使って、音を付け、色を付け、韓国風に仕立てるとどうなるのかと、実験のように製作したのだろうか。

ちなみにワタシは 『街の灯』も見てみた。本作と比較して見ると確かに面白い。モノクロ、サイレントというだけで、すでに映像の中には独特の悲哀感が漂う。音や色が付くと、余計なものがゴテゴテと飾り立てられていて鬱陶しささえ感じてしまう。ワタシが本作で最大の不満だったヒロインのキャラクターは、鬱陶しさそのものだったのかもしれない。



◆ Pros
- モチーフにしたという『街の灯』との比較は面白い。

◆ Cons
- よくありがちな、韓国的なコテコテの恋愛物語。
- メインカップルの相性がいまひとつ。


コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。