スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Alcalá de Henares [Communidad de Madrid]

2009.06.24.Wed.08:31
アルカラ・デ・エナーレス Alcalá de Henares へは、アトーチャ駅から Cercanías という近郊線で東へ 35 分ぐらいのところにあります。

アルカラ・デ・エナーレスは、1499 年にサン・イルデフォンソ学院が設立され、ヨーロッパでも有数の古い歴史を持つ大学都市として知られています。


サン・イルデフォンソ学院 Colegio Mayor de San Ildefonso のファサード
alcala1

現在のアルカラ大学 Universidad de Alcaláalcala9

この辺りだけ、街路樹が緑の樹木でなくて、濃い紫のような樹木になっていました。


アルカラ・デ・エナーレスは、「ドン・キホーテ」 の作者 セルバンテスが生まれた町でもあります。セルバンテスの家が再現され、小さな博物館になっています。恥ずかしながら、「ドン・キホーテ」 は読んでいません。これは、ちゃんと読まねばと思うのですが、すごい長編ですよね...

セルバンテスの家 Museo Casa Natal de Cervantes
alcala3

alcala4


街の中心となるマヨール通り Calle Mayor は、商店街のようになっているのですが、柱廊式になっていて珍しい通りです。ほとんどの柱が取り替えられているようですが、古い柱も残っていて、以前は円柱だったのことが分かります。

alcala5

ちょうどお昼どき (14:00 頃) だったので、お店もシャッター下りてちゃって、誰も歩いてないし、さみしーーい (汗;;;)

alcala6

映画やドラマの撮影地にもなっているそうなので、これから映画を見る時にはちょっと注意して見てみることにします。


マヨール通りをさらに進むと、アラブ様式の城壁が残っています。
alcala7


この城壁の近くには、大司教館 Palacio Arzobispal サン・ベルナルド修道院 Covento de San Bernardo があります。このあたりはコウノトリが数多く生息しているようで、大司教館近くの煉瓦づくりの廃墟に、コウノトリがたくさん巣を作っていました。アルカラ大学の紋章にコウノトリが描かれているので、古くからコウノトリが生息していたのでしょうかね~。

alcala11

alcala12


サン・ベルナルド修道院
alcala8


16 世紀はヨーロッパ有数の大学都市として花開いた街だそうですが、なんだか廃れてしまった街という印象でした。サン・イルデフォンソ学院を中心とした町並みは世界遺産です。

柱廊が独特のマヨール通りでは、古い柱の保存状態も良くなくて、新旧の柱がバラバラに並んでいる上、配線や排水管などが表にむき出しになっていて、せっかくの街の趣がいまひとつ・・・もったいないなぁ、ちゃんと整備保存すればいいのに・・・なんて余計なお世話な感想を持ちました。


余談: レンガ造りの建物が多いこの古き街の佇まいとは別世界のようなモダンな色使いのホテルに、目がチカチカしてしまいました。

alcala10


コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。