スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりごと ~ 生息地

2009.06.05.Fri.23:07
マドリードは辛気臭い・・・と以前に書きましたが、最近、これは、ワタシの生息地がいけないのだと気づきました。いわゆる観光客がたくさん集まっている旧市街とか、ウチの近所が辛気臭いのであって・・・そんな辛気臭さから開放されている場所もあるのです!!!(笑)

サラマンカ地区はマドリード市の東側に位置しますが、ここは新市街で、オシャレなブティックやレストラン、ショッピング センターの立ち並ぶ地区で、いわゆるブランドショップも数多くあります。

サラマンカ地区への入り口 セラーノ Serrano
serrano

個人的には、ブランドショップには興味ありませんが、散歩しながらウィンドウ ショッピングをするにはもってこいの場所です。旧市街を歩いている人とここを歩いている人は、明らかにファッションが異なるのも面白くて・・・日本だって同じですよね。

こうして新たな生息地に入り浸ってみると、息苦しさも消えるのです (爆)。

セラーノ通りが工事中なのが玉に瑕なのですが・・・

そう、ワタシがマドリードを辛気臭いと評する理由のひとつは、市内の工事中の多さがあげられます。不況の波が押し寄せる前は、空前の建築ブームだったスペイン国内。不況になってからは、掘り起こした道路が放置されていたり、建物の工事期間が大幅に遅れたりしているそうで、とくに旧市街は、工事現場が目につくのです。

ともあれ、生息地を変えてみるというのは、なかなかよい試みでした。

お気に入り雑貨屋さん Musgo では、行くと何かしら買ってしまいます ^^;
musgo


* * * * *

ルベン・ダリオ Ruben Dario 駅近くにある、スラリとした塔のある教会
church

ルベン・ダリオ駅近くには、ワタシの大好きな食器屋 サルガデロス Sargadelos や、ソローリャ美術館 Museo Sorolla もあって・・・


* * * * *

アロンソ・マルティネス Alonso Martinez 駅近辺は、サラマンカ地区に隣接している場所なのですが、オシャレな建物があります。

ヤモリ?が貼りついている・・・
yamori

アールヌーボー建築で有名な Palacia Longoria
longoria

落書きではない、と思うのだけど(笑)、変わったアパート
paint

この近辺の典型的なアパート
typical



コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。