スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Museo del Prado - Joaquín Sorolla

2009.06.22.Mon.13:56
sorolla1

プラド美術館では、現在、ホアキン・ソローリャ Joaquín Sorolla 展を開催しています。

ホアキン・ソローリャの名はこちらへ来てから知りました。ソローリャはバレンシア生まれで (1863-1923)、 スペイン外光派の代表的画家と言われています。

外光派って何?
作品を見てみると、文字通り、外の光がキャンバスにあふれていました。ソローリャは、「光の画家」 とも称されており、フランスの印象派の影響を受けているそうですが、これも一目でわかります。

その眩しすぎるほどの絵の中の外の光に、ワタシは何だか圧倒されてしまいました。確かにスペインの陽射しは強く、一日の日照時間は長く、この季節は夜 10 時 ごろまで明るいのです。

ソローリャの絵を見ていると、こんなにも、スペインって底抜けに明るい国だったのかと、思い知らされたような・・・。マドリードはちょっと辛気臭いと思っているワタシに、反駁を加えるかのごとくなのです (笑)。

この展示では、スペイン国内の風景画を数多く見ることができます。特に、Hispanic Society of America のために描いた、Visión de España (スペインの風景) と題された 14枚 のパネル画では、スペイン国内の各地方をそれぞれ特有の風景、人々、生活が描かれていて民俗色豊かで、ちょっとしたスペイン国内旅行の気分を味わえます。

この画家は地中海沿岸のバレンシア出身ということも影響しているのでしょうか、絵を見ているだけで眩しくてサングラスが欲しいと思ったのは初めてです (笑)。

Link to ⇒ Museo del Prado HP Joaquín Sorolla


マドリード市内には ソローリャ美術館 Museo Sorolla もあって、こちらはソローリャの自宅兼アトリエだったところが美術館になっています。こじんまりとした小さな美術館です。

sorolla2

コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。