スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小休止

2009.06.25.Thu.09:02
retiro4

日中、公園で散歩するには、ちょっと暑すぎる季節です。ここは、レティーロ公園 Parque de Retiro と言い、プラド美術館の東側に位置する広大な公園です。市民の憩いの場です。

週末は家族連れで賑わっています。

retiro1

ボート池もあります。

retiro3

地面を見ると陽射しの強さがより分かるような気がします。

retiro2


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


さてさて、諸事情により、旅行する予定だった南の地方や島に行くことができなくなってしまい、ちょっと残念なのですが、スペイン生活編はこれで終了します。

もともとマドリードに滞在するにあたっては、旅行が目的ではなく、旅行はあくまでボーナスなので、短期とは言え 「生活」 できること自体、恵まれた機会だと思います。

これからボチボチとスペイン関連の映画について語ろうかと (笑)。ハビエル♥、ハビエル♥、とちょっとうるさいと思いますが、うるさくても平気という方のみお付き合いください (笑)。


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


そうそう、マドリードの映画事情について、ちょこっと・・・

午前中に映画を見たいと思っても、映画館は開いていません。通常初回は、16:00 ぐらいから。映画鑑賞は完全に夜シフトです (笑)。そして、ハリウッド作品などの人気外国映画は、ことごとくスペイン語吹き替えになっています。「天使と悪魔」 では、トム・ハンクスの声も聞こえてきやしないってことです。

国内映画 (スペイン映画) は、だいたい 2 ヵ月ごとに 4~5 本公開されているようです。

ワタシが知る限りでは、マドリード市内で、日本で言うところの単館系シアターが 2 ヶ所、オリジナル音声&字幕付きで上映しています。でも、単館系にかかる作品で、オリジナル音声が英語の作品はあまり多くありません。オリジナル音声が、フランス語、ドイツ語、ポーランド語、トルコ語 etc. で、そこにスペイン語字幕が付いていても、ワタシには何の意味もなく (涙;;;)。

アジア映画への関心もほとんどないようです。ただ日本の映画は、「おくりびと」 と 「歩いても、歩いても」 が上映されていました。それこそ、どこそこの映画祭で賞でも取らない限り上映されないのかしらね。

そんな訳で、映画館の前まで行きましたが、中には入っていません 。ハビエル出演映画なら別ですがね・・・(笑)。




コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。